夜空を舞う
炎龍
夜の部は、光のショーとなり、
昼の部とはまた違った趣がある。
夜の仕掛け・連傘
夜空を泳ぐ龍
空に昇る炎の龍
打ち上げ櫓には、照明はなく、
点火後しばらくは、この状態で
照らしだされる。
夜の仕掛け
夜の仕掛け
夜の仕掛け
<夜の部>
点火後はしばらくこの状態
夜の打ち上げ
帰りの混雑を避け、千秋楽を待たずに午後8時頃
バス乗り場へ。そろそろ混んできているかと思ったら
それほど行列は出来ておらず、余裕で座れた。
(行列が出来ても、シャトルバスの回転が良いので、
 あまり待たずに乗れる。)
岡部町から静岡駅までの路線バスも、土曜の夜にも
かかわらず、渋滞もなくスムーズだった。
群馬から、日帰りの旅であった。
帰路に着く
夜の部では、龍勢の発射の合間に、
献発花火の打ち上げもある。
山間に響く尺玉は、迫力がある。
秋の花火
秋の花火
夕方になり、電灯がともるようになっても、
大にぎわい。
ずらりと並ぶ、シャトルバス。
帰りの客を待って、待機中。
宵の会場
待機するシャトルバス
 収穫の終わった田畑に作られた
桟敷席。地元の人たちが鍋料理を
囲んでの見物。
桟敷でにぎわう田んぼ
昼の部の終わり近くになると、
夕日を浴びて赤く染まる。
 今回は成功率が高く、特に、発射してから空に上がるまでは、ほぼ100%。
発射台で爆発したり、何処へ飛んでいってしまうようなものは一本もなかった。
途中、一本だけ不発のものがあり、どうするのかと思っていると、何と導火線を
付け直して、再度点火して発射させた。(不発弾って、けっこう危険なのに・・・)
 手作りロケットと言いながら、技術力はすばらしい。
曲物(仕掛け)
曲物(煙龍)
曲物(仕掛け)
昼の部・夜の部ともに、一号、二号、・・・
と名付けられているが、夜の部の最後は、
「千秋楽」と呼ばれる。
最後の龍勢
会場で販売されている番付(プログラム)
番付(プログラム)
朝比奈大龍勢は、昼と夜の2部構成になっており、
それぞれ、約15分間隔で発射される。

【昼の部】 12:00〜16:45 (20本)
【夜の部】 17:30〜20:30 (13本) 
<六社神社>
ちょうど神事が行われていて、
神輿の行列が出発するところだった。
神輿
神事
六社神社
茶の華亭(物産店、食堂)

★朝比奈地区は、福岡・八女、京都・宇治
と並ぶ、玉露茶の三大産地のひとつである
という。
当日は、関係者用の駐車場となる
茶の華亭
道の駅・玉露の里
★イベント雑記帳 〜朝比奈大龍勢(静岡県志太郡岡部町)〜
◆戦国時代の狼煙が起源と言われており、
六社神社の祭典に合わせて、2年に1回、
10月に行われている。
1985年に、県の選択無形民俗文化財に
指定されている。
 2009年1月1日に藤枝市との合併を控え、
「岡部町」としては今年が最後の龍勢となる。
2008年10月18日(土)〜
シャトルバス乗り場
JR静岡駅から路線バスで岡部町まで行き、
さらに、JA大井川岡部支店前からシャトルバス
を利用する。(片道約15分/大人400円)
(当日龍勢会場には、一般用の駐車場は無い。)
シャトルバスは、予定では10時30分からの運行となっているが、実際は10時から動き始めて、10分間隔くらいですぐに出発した。最初は空いていたが、途中、岡部中学校付近からどっと乗り込んできた。
コスモス畑
帰りのバス時刻を確認
夜の部が終わってから十分余裕はある。
(とは言っても、岡部町から静岡駅までの路線バスや、帰りの新幹線が・・・)
コスモス畑が広がる、のどかな田園地帯。
打ち上げ櫓
 朝比奈川の土手に常設されている
龍勢の打ち上げ櫓。(高さ約20m。)
当日、周辺は立ち入り禁止となる。

 打ち上げ櫓は会場の西側にあり、
昼の部はほぼ逆光ぎみ。
おまけに、今日は雲一つ無い天気で、
日差しが暑い。
発射台へ向かう龍勢
打ち上げに向かう龍勢
(全長約15m))
龍勢の頭
龍勢の頭
 吹き筒と呼ばれるロケット本体には、
淡竹または真竹を使い、麻ひもと和紙
を巻いて補強してある。
 頭の部分は「ガ」と呼ばれ、曲物と呼ば
れる様々な仕掛けが組み込まれている。
道路脇に展示されていた、龍勢の先頭部分。
龍勢の発射
発射の時間が近づくと、前ぶれもなく口上が始まる。

『東西、東西〜、
 おお〜りゅうせい〜、おお〜りゅうせい〜。
 (相撲の呼び出し風) 第**号なり。

 ・・・(口上本文)・・・、○×株式会社様、△□様、
 (スポンサーが紹介される)・・・、☆☆龍勢連〜
 (製造者は「連」と呼ばれる)

 右連名様よりの、ご献発。
 おお〜りゅうせい〜、おお〜りゅうせい〜。

 点火願います!』

ここで点火されるが、しばらくの間は導火線部から
火花がちょろちょろと出続け、数十秒後にようやく
発射となる。

 うまく上がると、中からいろいろ仕掛けが現れ、
会場では万歳三唱の声が上がる。
<昼の部>
龍の像
「殿橋」(別名 龍勢橋)
のモニュメント。
帰りの最終バス
<道の駅・玉露の里>
口上櫓
口上櫓
龍勢会場
東側の丘から眺めた龍勢会場
コスモス畑
物産露店
発射櫓
口上櫓
2色の連傘
点火され、発射直前の龍勢
秋空を舞う「煙龍」
(コスモス畑は、年によって場所が変わるらしい。)