★イベント雑記帳 〜ちんころ市in十日町〜
◆新潟県十日町市で行われている節季市。名物「ちんころ」が売られていることから、「ちんころ市」と呼ばれている。
昨年豪雪で行けなかったので、暖冬の今年に改めて・・・。
2007年1月20日(土)

<毎年1月の10、15、20、15日に開催>
ちんころの出店
数量限定
数量限定
行列が出来るほどの人気
ちんころを買い求める人々
ケースに並ぶちんころ
かわいらしい、ちんころ
いろいろな種類がある
撤収
節季市
節季市
節季市
ちんころ
「ちんころ」とは子犬の意味。
しん粉(米粉)を練って作った縁起物の人形で、福を招き、食べると病気が治るといわれている。約150年前から十日町に伝わるもので、犬、猫や干支にちなんだものが多い。
昔は多くの家でちんころが作られていたが、現在では福祉施設「エンゼル妻有」の職員とボランティアによって受け継がれているという。
ケースに並ぶ可愛いらしい「ちんころ」
一つ一つ手作りで、いろいろな表情を
している。
高崎から新幹線とほくほく線を乗り継いで1時間半。朝9時過ぎに十日町駅に降り立ったが、会場に着いた時にはすでに「ちんころ」目当ての行列が出来ており、30分くらい並んで待った。
数に限りがあり、最初のうちは一人3個までだったが、人気が高く、
途中から一人2個までとなった。(1個300円)
10時50分
出店の撤収

9時頃から始まった「ちんころ」
の販売は、2時間弱で完売した。
節季市の出店
店の前に行列が出来、ちょっと迷惑そうな植木の出店。
今年の干支、イノシシもある
今年(2007)の干支、
イノシシもいる。
とっとこ
節季市が1月10日に始まるところから、十日町の名の由来になっているらしい。
ちんころは飾り物だが、
こちらは、食べるちんころ「とっとこ」。
柔らかく、中にこしあんが入っている。