★イベント雑記帳 〜日本一の芋煮会フェスティバルin山形〜
◆大学時代の研究室の教授が山形ゆかりの人で、毎年秋に、近所の河原で芋煮会をやっていた。
 インターネットを始めてから、日本一の芋煮会のことを知り、ぜひ一度本場に行ってみたいと思っていたが、例年この時期は残暑がきびしく、屋外で芋煮を味わうにはちょっとつらいものがある。その上、月初は仕事の関係で休暇が取りにくい・・・。
 しかし、今年は第一日曜日が月初からはずれ、しかも数年ぶりの冷夏となり、絶好のチャンスとなった。翌月曜に休暇をとっておいて、じっくり楽しんだ。
朝の会場
朝の会場2
引き換え券
スタンプラリー
玉コンニャク鍋
<8:30頃>
前日は市内のホテルに泊まり、少しでも前に並ぼうと8時前に来てみたが、関係者以外はまばらで、行列などどこにもない。そんなに急ぐ必要はなかったようだ。
これが芋煮の引き換え券。1枚(1杯)につき200円以上の協賛金を払って買う。
スタンプラリーで7個のスタンプを全て集めると、待ち時間が少ない「ファーストレーン」に並ぶことができる。
スタンプラリーのチェックポイント。
<10:00頃>
9:00にオープニングセレモニー。
9:20頃スタンプラリーから戻ってくると、一般のレーンにはぼちぼち並び始めているが、ファーストレーンはまだ設置されていないので、それまで土手に座ってのんびりと待つ。
前日は30℃まで上がったが、今日の予報では25℃の涼しい一日になるようだ。しかし、たまに雲の切れ目から日がさすときだけ、暑くなる。
<10:30頃>
ファーストレーンが設置され、私も列に加わる。(このレーンは、基本的にはお年寄りや体の不自由な人が優先です。)
この様子だと、一番の新幹線で来ても間に合うし、日帰りでも大丈夫そうだ。
当日は地元のFM局の公開放送があり、夏木ゆたかさんが会場をまわってインタビューしていた。
<11:25頃>
芋煮が出来上がり、配布開始!。20分ほどで、私のところまで順番がまわってきた。
割り箸や容器は会場にもあるが、移動のことを考えるとタッパーや鍋を持参したほうが便利。ちなみに、会場で用意されている容器はリサイクルされる。環境にやさしい芋煮会でもある。
こちらは下流側の配布所。上流側の配布所は、ステージがあるせいでやや混雑している。
牛肉たっぷり。かなり油が浮いていて、こってりしている。
タッパーは2つ持参していって、一つはここで、もう一つは家に帰ってからもう一度味わうことにする。このタッパーは600cc、ちょっと小さいように思えたが、めいっぱい入れてもらったので、けっこう食べがいがある。参加者の中には、家族連れで大鍋を持参する人も多い。
芋煮の材料
2003年9月7日(日)

<毎年、9月の第一日曜に開催>
15回目の今年は、水にこだわり、蔵王の清水を使っているそうだ。
大鍋の対岸では、玉こんにゃく煮が配布されていた。こちらも、結構人気があるらしい。
防災ゾーンでは、最近なにかと話題の自衛隊が、炊き出しをおこない、無料で配布していた。
引き換え券についていた”空クジなし”の抽選券、私は2本とも7等(末等)。
ハンカチ、キャンディ、ダストマン(2枚入り)のセット。
新幹線「つばさ」
<14:35>
会場ではまだイベントが続いているが、私はここらで帰路に・・・。
<13:00頃>
大鍋では、まだまだ行列が続いている。ステージでは、イベントといえばお約束のウルトラマンショーをやっている。
※2007年からは、整理券が導入されているという。