★イベント雑記帳 〜福島県桑折(コオリ)町・諏訪神社御柱祭〜
◆御柱祭といえば長野県の諏訪大社が有名だが、各地の諏訪神社でも行われている。東北地方では、宮城県白石市越河と、福島県桑折町の2ヶ所で諏訪大社と同じ寅年と申年に開催されている。

桑折町では、1993年に遷宮800年を記念して第一回が行われ、今年が四回目となる。境内には2本の御柱が建っているが、古い方からを交互に建て替えるという。
2010年7月31日(土)
里曳き前の神事
南東北マップ
※白石市でも、7/25(日)に御柱祭が
 行われている。
朝から暑い中、8:30から里曳き前の神事が行われる。
御柱は長さ約13m、重さ8tの樅の木。台車に乗せられ
メドデコ風の飾りが付けられている。
御柱の里曳き
行列の先頭
稚児行列
山車
山車
みんなで力を合わせて
9:00に建設会社前を出発し、神社までの約2qを曳いてゆく。
暑い中、巫女姿の女の子たちも、
稚児行列として練り歩く。
御柱の後ろからは、山車が続いてゆく。
夜の祭りは、こちらが主役となる。
老若男女、子供たちもいっしょになって柱を曳いてゆく。
奥州街道と羽州街道の分岐点
とある駐車場の隅にった標識
旧伊達郡役所(現在 美術館)
旧伊達郡役所。
(現在は種徳美術館。)

桑折は伊達藩発祥の地とされており、歴史のある町である。
旧街道の分岐点
諏訪神社参道
看板をどけて・・・
参道に入る
諏訪神社参道
入り口の看板が、邪魔そう・・・
看板を持ち上げて、難なく通過。
境内に到着
10:50 境内に到着。
前回建てられた古御柱が
お出迎え。
柱を建てる穴
斧入れの儀式
チェーンソーで柱の頭を切り落とす
建御柱
ろくろを回して、ワイヤーを巻き上げる。
ラッパ隊
無事に建った御柱。
新旧2本の御柱
新しい柱を建てるために掘られた穴。
11:00 <冠落し>

最初に斧入れの儀式を行い、後は文明の力で柱の先を三角形に整える。
11:30頃〜 <建御柱>

ワイヤーの状態確認と垂れ幕のために一人を乗せて、柱を引き上げてゆく。
「ろくろ」を使って、ワイヤーを巻き上げてゆく。
御柱祭の定番、ラッパ隊が建御柱を盛り上げる。
12:15頃
無事に直立した御柱。・・・実は途中、
もう少しで立つという時に、「プツッ」と音がして、左右から柱を支えていたロープの一本が切れ、後ろ側に倒れそうになるハプニングがあった。思わず、春宮や千曲での事故が頭をよぎった・・・。
新旧2本の御柱が並ぶ。

小さな町の御柱祭にしては、意外と本格的なものだったが、まだ慣れていない感がある・・・。
切れたロープを
つなぎ合わせた部分。