<夜打の部>
草薙大龍勢は、昼打(龍勢)と夜打(流星)があり、
それぞれ、10〜15分間隔で発射される。

【昼打の部】 14:50〜17:00 (13本)
     (最後の方になると、多少の遅れが出てくる。)
【夜打の部】 18:00〜20:30 (10本) 
<草薙神社>
★イベント雑記帳 〜草薙大龍勢(静岡県静岡市清水区)〜
◆毎年、草薙神社の例大祭(9月20日)に近い日曜日、
または祝日に行われる。

 戦国時代の「昼のろし」と「夜のろし」が受け継がれた
ものだという。
2003年に、県の無形民族文化財に指定されている。
2009年9月20日(日)〜
発射の準備が整うと、合図の雷鳴花火が上がり、
龍勢の紹介に続いて、「呼び出し」と「口上」が始まる。

[呼び出し]
『第○○番、・・・(龍勢の名称)・・・、△△(奉納者)様の
 ご献発、おおりゅうせい〜。(相撲の呼び出し風) 』

(引き続き)

[口上]
『東西、東西、・・・(本文略)・・・、草薙神社おん前に、
 ご奉納〜、ご奉納〜。』
ここで点火され、発射される。
<昼打の部>
大龍勢
日本武尊の像
神社の境内
龍勢
草薙神社では、
日本武尊(ヤマトタケルノミコト)を
祭神としている。
境内に展示されている龍勢。
全長16m、重さ25kg。
龍勢木遣道中
子供みこし
開枕太鼓
神社前に並べられた龍勢
お祓いを受ける龍勢
神社を出る龍勢
発射場へ向かう龍勢
正午過ぎになると、木遣道中が
神社まで練り歩く。
保育園児なども参加しての子供みこし
神社裏手のスポーツ広場では、
太鼓や踊りで祭りを盛り上げている。
午後1時からは、神社の境内で、
龍勢の奉納式が行われる。

奉納式が終わると、発射場まで運ばれてゆく。
道標
日本平のふもと、
JRの駅からも
比較的近い。
龍勢の発射櫓
草薙龍勢の発射櫓は、小高い丘にあるが、
吉田や朝比奈の龍勢に比べて距離があり、
一番近い観覧場でも、400m以上は離れて
いる。神社の裏手にあるスポーツ広場などは、
600mくらいの距離があり、初めて訪れた時は
どこに発射櫓があるのか分かりにくい。
龍勢の発射
仕掛け
仕掛け
仕掛け
うまく上がると、色鮮やかな煙や
落下傘などが開く。
仕掛け
打ち上げ失敗
中には、打ち上げに失敗する
ものもある。
夜の打ち上げ
夜の仕掛け
夜の仕掛け
夜の仕掛け
夜の打ち上げ
夜の仕掛け
夜の部は昼と違い、
光のショーとなる。
龍勢の発射櫓
口上櫓から子供たちによる「呼び出し」
打ち上げ前の口上は、子供たちの「呼び出し」から始まる。
龍勢に積まれる落下傘作りにも、子供たちが参加している。