★イベント雑記帳 〜米原の流星打ち上げin滋賀〜
◆滋賀県米原市の「流星」打ち上げは、石田光成が関ヶ原の合戦でのろしとして上げたのが始まりと言われ、「戦国ロケット」とも言われる。
 かつては、特に決まった期日はなく、祭礼や祝い事があると打ち上げられていたが、伝承者の高齢化とともに、あまり打ち上げられなくなったため、若い人へ技術を継承する意味も含め、今年から11月3日(文化の日)に行うようになったという。
2007年11月3日(土)
地元商工会の秋祭り
今年は商工会の合併を記念しての打ち上げ。
「流星」の打ち上げ
流星発射場
干拓地を歩く鳥
名峰・伊吹山をバックに、琵琶湖東岸の干拓地に丸太を組んで作られた発射台。
 秋祭り会場の小・中学校(奥の建物)から約1km程離れていて、人影もまばら。琵琶湖を渡った風が寒い中、鳥ものんびりと歩くのどかな風景である。
消防車も待機
並べられた「流星」
「戦国ロケット」と書かれた尾翼が付いている。
出番はないと思うが、一応、消防車も待機。
「打ち上げが始まると、300m以内は立ち入り禁止となります。」というアナウンスはあるものの、警備員らしき人も見当たらず、のんびりムード。
発射台の近くに並べられた「流星」
戦国ロケットと言われるように、矢の形をしている。全長は目視で約4〜5m。
流星に取り付けられている日傘
流星には、パラシュートと7本の
日傘が取り付けられている。
打ち上げ失敗
上下から噴射してしまうものも・・・
成功率は低く、この日点火された10発のうち、6発は発射台で燃え尽きた。
日傘が降りたのは3発で、パラシュートまで開いたのは、たった1発だけだった。
火薬を詰める技術の伝承者が減っているせいか、冷たい風のせいか、盛り上がりに欠けた大会だった。
筒の上下から噴出してしまう
ものもあった。
予定では2時間近く行われるとあったが、午後2時から始まった大会は、
3時10分に終了。他の龍勢祭りのような口上もなく淡々と進められて、
あっけなく終わった。
発射台で爆発。
発射の瞬間。
矢を支えている人は煙に包まれ、大変そう。

発射の際は特に合図もなく、
撮影のタイミングが難しい。
米原の流星は、古くからの形式を受け継ぎ、発射台の先に矢を掛け、人が尾の部分を支えたまま、もう一人がさおの先に付けられた火縄らしきもので点火する。
火縄で点火
流星を発射台にセットして・・・
 うまく打ちあがると、パラシュートと日傘が開く。
 舞い降りた日傘は縁起物とされ、風下の広場では見物客が傘を取ろうと走り寄る。
舞い降りる日傘
日傘を追いかける見物客
パラシュートが開いておりてくる矢竹
毎年やっているわけではなく、最近では
大河ドラマ 「江」の放映などを記念して、
2010年に行われた。
開催場所も、固定されてはいない。