龍勢と並行して、神社の境内では
神楽(かぐら)が奉納されている。
椋神社の本殿
神楽
椋神社本殿
吉田のシンボル
龍のモニュメント
町のシンボル・龍の像
道の駅・龍勢会館

龍勢などの展示や、龍勢祭りのビデオ
上映が行われている。

(祭り当日は、一般車は駐車出来ない。)
道の駅・龍勢会館
椋神社の背後には、秩父の名峰・武甲山が望める。
武甲山
翌2008年には、発射場周辺に、
ぐるりと防護ネットが設置された。
製造上の基準も厳しくなり、打ち上げ
本数も、やや減った

安全のためとは言え、ちょっと目障り。
防護ネット
 ケガ人の出た2007年の事故現場。
左端の消火器の隣に横たわっているのが、龍勢の筒本体。
打ち上げ直後に方向転換して飛んできたもの。
★ハプニング!
パラシュートなどが民家や電線に落ちたり、
ごく稀に、観客の近くに飛んでくることもある。
事故現場(2007年)
電線にひっかかったパラシュート
★イベント雑記帳 〜龍勢祭り(埼玉県秩父市下吉田)〜
◆毎年10月の第2日曜に、旧吉田町椋(むく)神社の
例大祭として行われている。
 「龍勢」とは、手作りロケットのこと。農民ロケットとも
呼ばれ、技術を伝承する各流派が腕を競い合う。
1997年に、県の無形民俗文化財に指定されている。
2002年10月13日(日)〜
龍勢打ち上げ
仕掛け物
打ち上げ失敗
 龍勢は、朝9時から夕方5時まで約15分間隔で、
山の中腹に造られた発射櫓(やぐら)から打ち上げ
られる。発射の際の噴射音は、山間に響きわたり
迫力がある。
 打ち上げに成功するのは、3〜5割程度で、
上がっても、パラシュートなどがうまく開かない
ものや、地上で爆発してしまうものもある。
また、天候によっても左右される。
太鼓櫓の上で口上が述べられる。
 打ち上げ時間が近づくと、奉納者・製造者の紹介があり、
その後、発射準備が整うと「東西、東西〜」と口上が始まる。
口上の最後に「・・・椋神社おん前に、ご奉納〜」と叫ぶと、
龍勢に点火される。
打ち上げに成功すると、いろいろな仕掛け物が現れる。
「彩の国まごころ国体」の炬火
 2004年には、「彩の国まごころ国体」の
炬火が、龍勢から採火された。
 龍勢の発射の際に、発射台から張られた
ワイヤーを伝わって、右下の採火台へ火が
降りてゆく。
仕掛け物
仕掛け物
バイパス道路をはさんで、多くの観客が見守る。
秩父市以外でも、同様のイベントがある。

(静岡県静岡市清水区)
 草薙大龍勢・・・毎年、草薙神社の例大祭(9月20日)に近い日曜または祝日に行われる。
           昼打ちと夜打ちがあり、夜の部は「流星」と呼ばれる。

(静岡県志太郡岡部町<現 藤枝市>)
 朝比奈大龍勢・・・2年に1回、六社神社の祭典に合わせて10月に行われる。
            草薙と同様、昼打ちと夜打ちがある。

(滋賀県米原市)
 流星打ち上げ・・・特に期日は決まっておらず、祭礼や祝い事などを機に行われる。
            関ヶ原の合戦で、石田光成が使ったのろしが始まりと言われている。

(滋賀県甲賀市甲南町)
 瀬古の流星・・・毎年、龍法師瀬古の薬師堂の"会式"9月12日の夜に行われる。
          甲賀忍者がのろしとして使ったもので花火の原型とも言われている。
          オレンジ色の軌跡を描いて飛んでゆくという。
バイパス道路沿いには多くの見物客
観光バスでやってくる団体客もいる
太鼓櫓から、口上が披露される。
上空で現れる、
仕掛け物
内部は、関係者以外
立入禁止
公園の隅にある龍勢の製造所
芦田山の斜面に常設されている
龍勢の打ち上げ櫓
龍勢製造所
発射櫓
民族衣装の下にはスニーカー
パレード
パレード
日・タイ友好パレード
タイの交流パレード。
 タイのヤソトン市でも、龍勢祭りと同様の
イベント(バンブー・ロケット)が行われており、
姉妹都市となっている。
 毎年5月に、農作物にとって大切な雨を、
神様に降らせてもらうために行われるという。
姉妹都市ヤトソン市の交流会場
 本体の筒の部分は、松の木を半分に割ったもの
をくり抜き、竹のタガを巻いてある。
現在は、筒の内径は規則により3寸(約9p)以内
と定められているが、かつては5寸、7寸のものも
あったという。
 尾の部分(やがら)は、まっすぐに伸びた真竹を
乾燥させたものが使われている。
龍勢の頭
発射台へ向かう龍勢。
 全長は約20mで、重さは大きい
もので40kgにもなるという。
 先頭部分に火薬を詰めたロケット本体と「背負い物」と言われる仕掛けがある。
打ち上げに向かう龍勢
仕掛け物