★イベント雑記帳 〜諏訪大社御柱祭(前編)〜
◆6年(数えで7年)に一度、申年と寅年に行われる。正式名称は「式年造営御柱大祭」。
「御柱祭」というのは、諏訪大社を総本社とする各地の諏訪神社系列で行われているが、
諏訪大社のものは全国的にも有名で、規模が大きい。
 4月の「山出し」から5月の「里曳き」にかけて行われ、上社(前宮、本宮)と下社(春宮、
秋宮)の4箇所にそれぞれ4本の御柱を建てる。
上社/山出し
(木落し・川越し)
諏訪地方map
2004年4月4日(日)雨のち
2010年4月4日(日)晴れ  
山出しの一番の見所、木落し。

上社の御柱は、V字型の「メドデコ」が付けられており、そこに氏子たちが乗っている。
上社・木落とし(2004年)
上社・木落し(2004年)
上社の木落しでは、倒れずにまっすぐすべり落ちるのが良いとされている。
木落し前のセレモニー
木落し前の派手なセレモニー。
(本宮四之柱)
木遣り、ラッパ隊、さらに、新しく作られた御柱祭の唄も披露された。
(2004年)
仕掛け花火を準備して、木落しへ
姿勢が崩れて、氏子たちも振り回される。
無事終了
仕掛け花火を準備して、
木落しへGO!
姿勢が崩れて、
振り回される氏子たち。
なんとか、無事終了。
木落し坂公園
木落し坂の上
蓼科山
観客席との間を中央本線が走る。(2004年)
上社の木落し坂は、前回(2004年)の後、
公園として整備され、坂の全長・幅とも拡張
された。
背後には蓼科山を望む。
木落し坂のすぐそばを、中央本線が通っている。JR茅野駅からも近い。
坂を下りた御柱は、いったんメドデコを外し、ガード下を通って曳かれてゆく。
今回は有料席が増え、入場規制も厳しくなり、
前回、立ち見していた場所にも入れず、
線路の反対側から、金網越しの見物となった。
トラックで運ばれる「メドデコ」
メドデコには大小2種類あり、
木落しや川越しでは長いもの、
街中を曳く時は短いものが
使われるという。
川越し前の神輿入り
川へ突入
川を渡る御柱
川から上がる御柱
土手を登る御柱
上社の山出しでは、木落しに続いて
もうひとつの見所、川越しが行われる。
御柱の前に、神輿が川を渡る。
川越し(2004年)
前回の時は、朝からの雨が
雪に変わる中で行われた。
川に突入する御柱
(前宮三之柱)
川を渡ったら、再び土手を登る。
その後、通称「御柱屋敷」と言われる
広場に運ばれ、5月の里曳きを待つ。
下社/山出し
(木落し)
2004年4月10日(土)晴れ
2010年4月11日(日)曇り
時々晴れのち
<→後編>
下社の木落し坂(2004年)
TVなどで御柱祭としてよく紹介されるのが、この下社の木落し。
長さ100mの斜面を、氏子たちを乗せてすべり落ちてゆく。

スキージャンプにたとえるなら、上社がノーマルヒルで下社がラージヒル、というところか。(上社は長さ34m)
下社の木落し(2004年)
坂をすべり落ちる秋宮三之柱
有料観覧席
(2004年)
対岸の有料観覧席。
前回(2004年)は奥の河原から立ち見ができたのだが、今回は河原に降りるにも入場券が必要となり、道路の端から人の頭越しの見物となった。
上社と同様、入場規制が厳しくなった。
木落しを終えた秋宮一之柱
長い引き綱
春宮二之柱
注連掛に並べられた御柱
注連掛に並べられた御柱
宵闇の中、注連掛に運ばれる御柱
落石をキャッチ
木落し坂
(2010年)
坂の下では、落石を
キャッチ、キャッチ!
今回、坂の一部が改修され、
柱をすべり易くするためか、
斜面に笹が植えられた。
ミニ御柱(2004年)
ミニ木落し
子供も乗せて、ミニ木落し。
〜ミニ木落し〜

本番の木落しが終わったあと、女性や子供を乗せたミニ御柱が、坂を下ってゆく余興が見られた。(2004年)
夕刻で暗くなる中、注連掛に運ばれる御柱。
入り口は上り坂で、最後のがんばり所。
注連掛に並ぶ御柱。
ここで5月の里曳きを待つ。
この日の1本目、木落しがすでに終わった
春宮二之柱。この後、山出しの終着地、
注連掛(シメカケ)まで曳かれてゆく。

引き綱だけでも、100〜200m以上ある。
<→後編>
この日の2本目、秋宮三之柱。
最後を飾る、秋宮一之柱。
予定より2時間遅れて落ちた。
最大斜度は35度
上から見ると迫力がある。
諏訪地方は標高が800m近くあり、
紫外線が強いので、日焼けに注意!
次回は2016年・申年