★イベント雑記帳 〜新潟・山古志の闘牛(牛の角突き)〜
◆新潟県長岡市山古志と隣の小千谷市で行われている牛の角突き大会。
 国内では他に、岩手県久慈市・島根県隠岐の島・愛媛県宇和島市・鹿児島県徳之島・沖縄県うるま市でも行われているが、ここ山古志と小千谷の角突きは、勝敗をつけず、闘いぶりを楽しんでもらうというのが特徴で、奉納神事の意味合いもあり、唯一、国の重要無形民俗文化財に指定されている。
2010年5月4日(火)

<毎年5月〜11月に開催>
クローバー・バス
棚田が多くみられる山古志
闘牛場入口
2階からの闘牛場全景
ブナの森に囲まれた闘牛場
入口からの道はギャラリーになっている
入場者ワッペン
実況を務める松田さん
2階席の裏側には、山古志へのメッセージ
<クローバー・バス>

 山古志地区へは、震災後路線バスが廃止されたが、現在、NPOが平日のみ定期運行している。
休日・祝日は車でしか行けなかったが、今回から、
闘牛大会のために送迎バスを出すことになった。

定員30名のところに、長岡駅から15名ほどが乗車した。片道500円、子どもは無料。
帰りは往復客が優先で、空席があれば便乗することもできるという。
地震で出来たせき止め湖
水没した家屋
祈念碑
被災地について説明するバスの添乗員
 バスには闘牛会の人が添乗し、中越地震の被災地を
見学しながら、約1時間ほどで闘牛場に着いた。
せき止め湖で水没した、木籠地区。
牛たちも犠牲になった。
 山古志は山谷が深く、多くの棚田が見られる。

 闘牛場は小高い山を登ったところにある。
ブナの森に囲まれた闘牛場
2階席の裏側には、山古志への応援メッセージが書かれている。
昨年秋にリニューアルした、
山古志(池谷)闘牛場
受付で、胸にシールを貼ってもらう。
16歳の現役最長老”孫兵エ”
力士の入場
がっぷり四つでにらみ合い
牛たちを分ける勢子
闘牛場の周囲では、牛たちが出番を待っている。
取り組みの紹介
闘牛場の周囲は、牛たちの控え室に
なっており、触れることもできる。
「かいーの〜」・・・
16歳の現役最長老”孫兵エ”
まわし(?)を着けて力士入場
清めの酒が撒かれた後、本日の取り組み
(16組)が紹介される。
結びの一番
がっぷり四つでにらみ合う両者。
熱が入ってくると、牛の目が充血
してくるという。
結びの一番
勢子たちも気合が入る。
ふり飛ばされる勢子
山古志の闘牛は、勝敗を付けないのが特徴。適当なところで、勢子たちが両者を分ける。牛同士のみならず、牛と人との力比べでもある。
 ちなみに牛の弱点は鼻で、ここを押さえるとおとなしくなるという。
勢い余って、ふり飛ばされる勢子。
観客のいる柵にぶつかってくることも
あるので、注意。
横綱”繁蔵”
牛舎
雪の残る駐車場
午後1時から約2時間半の大会が終わると、
牛たちは闘牛場近くの牛舎に帰ってゆく。
ところどころ雪が残る駐車場。
今年は雪が多い山古志であった。
闘い終わって帰路につく、
横綱級”繁蔵”
席は自由で、闘技場外の森の木陰で
見物する人もいる。
実況中継をしながら、勢子も務める、
「闘牛博士」の異名を持つ松田さん。