前線の種類
●最近はBSデジタル放送が広まってきて、数年後には地上波の放送もデジタル化され、アナログ放送が無くなってしまうため、従来の受信機は使えなくなるようです。もはや、互換性は無視されるわけですが、現在のアナログのステレオ放送は、それまでのモノラル放送との互換性を保ちながら始まりました。
ステレオ放送がモノラル受信機でも普通に聞けるわけ
 左右の音を単純に別々の信号として送信した場合、モノラル受信機では片方の信号しか受信できないため、不自然な音になってしまいます。そこで、次のように信号を処理するのです。

 放送局から送信される音声信号は、主信号、副信号の2種類あり、このうちモノラル機で受信できるのは主信号のみです。そこで、主信号にはLch(左チャンネル)とRch(右チャンネル)を重ねた和信号を使います。これでモノラル機では普通の音に聞こえます。
 一方、副信号にはLchとRchの差信号を使います。ステレオ機では主信号と副信号を受信すると、二つの信号同士で足し算・引き算を行います。すると、

  (1) 主信号+副信号=(Lch + Rch)+(Lch − Rch)=2Lch → 左音声
  (2) 主信号−副信号=(Lch + Rch)−(Lch − Rch)=2Rch → 右音声

 となり、左右の音声が取り出せるわけです。

波の重ね合わせ
 上記のようなことができるのは、音声信号が波の性質をもっているからです。波というのは、重ね合わせても元の個々の波の情報を保持している性質があります。そのためいったん足し合わせた波から、再びもとの二つの波に戻すことができるのです。

ステレオ放送と二ヶ国語放送の違い
 
二ヶ国語放送の場合、左(主)音声と右(副)音声を足してしまうと、モノラル機で聞くとわけがわからなくため、主信号には左(主)音声を、副信号には右(副)音声をそのまま使います。そして、ステレオ機では、足し算・引き算は行わずにそのまま再生(どちらかに切り替えて)します。ステレオ放送と二ヶ国語放送の処理方法の違いを切り替えるため、放送局からは音声信号の他に、識別信号を送信しています。ステレオ機ではこの信号を受信することで、回路を切り替えているのです。

ステレオ放送のしくみ
メモNo.4

●私たちの身の周りにある、いろいろな物の量を表す単位には、倍率を表す記号が付けられることがよくあります。ここで少し整理してみましょう。

大きな倍率
  da(デカ)  =×10
  h (ヘクト) =×100   ・・・気圧を表すhPa(ヘクトパスカル)や、
                     土地の広さを表すha(ヘクタール)など。                                                        (1a(アール)=100u)
  k (キロ)  =×1000  ・・・コンピュータの世界では1k=×1024=×210となる。
  M (メガ)  =×1000k ・・・M,G,Tも、コンピュータの世界では1024倍ずつ
  G (ギガ)  =×1000M                               上がってゆく。
  T (テラ)  =×1000G
  P (ペタ)  =×1000T
  E (エクサ) =×1000P
  Z (ゼタ)  =×1000E
  Y (ヨタ)   =×1000Z

小さな倍率
  d (デシ)  =×0.1   ・・・容積を表すdl(デシリットル)など。
  c (センチ) =×0.01  
  m (ミリ)  =×0.001 
  μ (マイクロ)=×0.001m ・・・μ(ミクロン)はμm(マイクロメートル)の別称。
  n (ナノ)   =×0.001μ
  p (ピコ)   =×0.001n
  f (フェムト) =×0.001p
  a (アト)   =×0.001f
  z (セプト)  =×0.001a
  y (ヨクト)  =×0.001y

その他
  ppm (ピーピーエム) =parts per millionの略で、100万分の1(0.000001)の比率
                  を表す。単位はない。
  
単位に付く倍率記号
メモNo.3
●TVやラジオの天気予報でよく耳にする「高気圧」「低気圧」。何となくイメージはつかめていても、どこからが高気圧で、どこからが低気圧なのかご存知ですか?
 物理化学上は、1気圧=1013 hPa(ヘクトパスカル)ですから、これが境界線ということになりそうですが、気象学上は明確な基準はありません。周囲に比べて気圧が高い所が「高気圧」で、逆に、周囲より気圧が低い所が「低気圧」ということになります。陸上の「山」と「谷」との関係のようなもので、相対的なものです。
「熱帯低気圧」と「温帯低気圧」の違い
 
台風シーズンになると、気象情報で 「熱帯低気圧」や「温帯低気圧」という言葉を耳にします。
「熱帯低気圧」のなかで最大風速17m以上のものを台風と呼びます ( 発生する海域により、「ハリケーン」や「サイクロン」と呼ぶ ) が、「温帯低気圧」は、どんなに発達しても台風とは呼ばれません。この二つは、発生する緯度以外に、どんな違いがあるのでしょうか。
 「熱帯低気圧」は熱せられた海水が蒸発し、上昇気流が発達することで生まれます。そのエネルギー源は海水からもらう蒸発熱なので、陸地に到達するとエネルギー源を失うため衰えます。
 一方「温帯低気圧」は、寒気と暖気のぶつかり合いによって生まれ、海上・陸地を問わずに発達していきます。ときには台風なみの勢力となるため、「熱帯低気圧」が「温帯低気圧」に変わったからといって油断はできません。
 熱帯低気圧の台風は、暖気のみでできているため「前線」を持ちません。これに寒気が入り込み「前線」が形成されると、温帯低気圧になるのです。
温暖前線と寒冷前線の違い
 「前線」とは、寒気と暖気の境界のなかで特に明瞭なものを指します。
 低気圧の生まれる前は、お互いの気団の勢力が均衡しているため、前線はあまり動きません。これを「停滞前線」と呼びます。梅雨前線や秋雨前線などがこれです。その後前線が波うってきて回転を始め、その中心に低気圧が発生します。中心から東側では、暖気が寒気の上にはいあがる状態になり、この部分を「温暖前線」と呼びます。一方、西側では、寒気が暖気の下に潜り込む状態になり、この部分を「寒冷前線」と呼びます。寒冷前線の方が動きが速いため、やがて温暖前線に追いつきます。この部分を「閉塞前線」と呼び、低気圧の一生が終わります。

メモNo.2
高気圧と低気圧の境界線

メモNo.1
旧暦(太陰太陽暦)のしくみ
●旧暦といえば、月の満ち欠けを基準にして決められているわけですが、月数はどうやって決められているのでしょう。それは、太陽の位置によって決まります。
黄道
 夜空に輝く星座は地球から遠く離れた恒星の集まりですが、地球から見ると、それらの星座の間を一年かけて太陽が一周しているように見えます。この太陽の通り道を黄道と呼びます。
 黄道を24等分した位置に太陽が来た日は、季節の節目として24節気と呼ばれています。
また、24節気は「中」と「節」に分けられます。
24節気












旧暦の月数
 新月(旧暦月の一日、塑日)からつぎの新月までの間に、24節気のうち「中気」のどれが含まれるかによって、その月数が決まります。







うるう月
 ところで、旧暦の一ヶ月は約29日なのに対し、「中気」から「中気」までは約30.4日あります。そのため、「中気」を含まない暦月が発生することもあります。これをうるう月と呼び、一つ前の月に「閏(うるう)」を付けた名前で呼びます。例えば、2月の翌月がうるう月なら「閏2月」と呼びます。

 旧暦では、一年が13ヶ月の年もあるわけです。そのため、明治時代に入り官吏の月給制が導入されると、一ヶ月分よけいに給料を支払わなければならないことから、急遽、太陽暦が採用されたという説もあります。

72候
 24節気をさらに3等分ずつに分けたものを、「72候」と呼びます。
いずれも中国から伝わったもので、「半夏生(はんげしょう)=太陽黄径100°」なども72候のひとつです。
〜雑学メモ〜

電話番号の所在
メモNo.5
●最近は携帯電話が普及して、部屋の中でも携帯しか置いてない人も多いようです。
 ところで、携帯電話やPHSなどは電話機本体に電話番号が登録されていますが、有線の一般加入電話はどうなのでしょうか?。実は、電話機本体ではなく、電話線一本一本に電話番号が登録されているのです。意外かと思われるかもしれませんが、各家庭から出ている電話線はそのまま電話局(中継局)までつながっているのです。ですから、例えば、新しい機種に変えたい場合は、買ってきた電話機に今まで の電話線をつなぎ変えれば、同じ電話番号がそのまま使えるのです。
・会社のオフィスなどの内線電話も同じで、席替えがあって電話機が移動しても、電話線がそのままだと電話機に書かれている番号と合わなくなりますので、注意が必要です。
・ちなみに、コードレス電話というのは、有線電話の”本体と受話器をつなぐコードが無い”というだけであって、子機に電話番号が登録されているわけではありません。