〜雑学メモ〜



1マイルの長さ
メモNo.6
●1マイルは何kmでしょうか?。そう聞かれると、モータースポーツや陸上競技を知っている人なら「約1.61km」と答えるでしょう。しかし、それは陸上での話。”1マイル”にはもうひとつの長さがあります。それは、海の1マイル(=1海里、約1.85km)です。
1海里とは、地球の子午線(両極を通る円周)の
1/21600(緯度1′)の長さです。 (1′=1/60°)
一方、陸上の1マイル(ランドマイル)とは、
人口が集中している北緯30°における緯線の
1/21600(経度1′)の長さです。
(三角関数で計算してみると、
 1.85*cos(30°)≒1.61となります。)
●余談ですが、ジュール・ベルヌの「海底2万マイル」
も、1マイル=1.85kmで計算しているでしょうか?。
メモNo.7
日の出・日の入りの時刻
●TVやラジオの天気予報を聞いていると、「明日の日の出は何時何分で・・・」という言葉をよく耳にしますが、日の出・日の入りの時刻はどの瞬間をさしているのでしょうか?。
「日の出」とは、太陽の上部が水平線から顔をのぞかせた瞬間をさし、「日の入り」とは、太陽が完全に水平線の下に隠れた瞬間をさす、というふうに定義されています。春分・秋分の日は、本来なら昼と夜の長さが同じになるはずですが、上記の定義によると、太陽の直径の分だけ昼が長くなっているのです。
●ちなみに、月の場合は満ち欠けがあるため、月の出・月の入りの時刻は、月の中心の位置が水平線を通過した瞬間をさすと定義されています。
 もっとも、現在はコンピュータによる軌道計算で決められるので、太陽も月も同じように定義してもよさそうなものですが・・・。
日の出・日の入り

角度の単位 ラジアン
メモNo.8
●数学の時間に、「ラジアン」という単位を習った記憶が
あると思います。パソコンの表計算ソフトなどに組み込ま
れている三角関数では、これが使われているのですが、
どういう単位なのでしょうか。
1ラジアン(rad)というのは、「度」で約57.3°
なります。これは、右のような扇型で半径の長さと弧の長さ
が等しくなる
角度なのです。つまり、ラジアンは直線の長さ
と曲線の長さとの換算係数
でもあるのです。
ちなみに、円周360°をラジアンに直すと、約6.28radと
なり、その半分(約3.14)はおなじみの円周率(π)
なります。
1ラジアン
1マイルの基準

透明人間も目は見える
メモNo.9
●SF映画の定番のひとつ「透明人間」について、以前から思っていたことがあります。それは、”透明人間は目が見えない”ということです。目の構造はカメラと同じで、周囲を光から遮った箱(眼球)の一部にレンズ(水晶体)を取り付け、そこから入った光が反対側の壁(網膜)で像を結ぶというものです。もし、箱が透明だったら、フィルムに像を結ぶことができません。目も同じで、体が透明になれば網膜に像を結ぶことができないわけです。しかし・・・
●最近、あることに気が付きました。そもそも「透明」であるというのは、肉眼でみた場合、つまり「可視光線」での話。可視光線を通してしまう透明な体も、赤外線や紫外線は通さないということも考えられます。もし透明人間に、可視光線以外を感知する能力があれば、物を見ることは不可能ではありません。実際、自然界には赤外線や紫外線が「見える」動物が数多く存在します。ちなみに、映画『インビジブル』では、赤外線スコープで透明人間を探すシーンがありました。
 実際に体を透明にできるかどうかは別として、映画の中での透明人間の行動は、決して不自然ではないのです。
紙の大きさ A版とB版
メモNo.10
●会社などで使っている書類は、以前はA4版やB5版などが混ぜこぜに使われていましたが、最近はA4版に統一する所が多いと思います。ところで、このA版とB版はどう違うのでしょうか。
A版(A列)は、ドイツの工業規格をもとにしたものであり、現在の国際標準となっています。一方、B版(B列)は、江戸時代に使われていた美濃判をもとにしたものであり、日本独自の規格なのです。

現在、JIS規格ではそれぞれ次のように決められています。
 最も大きなサイズ(全紙)
 A列→A0版・・・1189×841mm
 B列→B0版・・・1456×1030mm
いずれも、縦と横の比率は√2:1(約1.41:1)になっています。この比率だと、紙を半分に折っても、もとの形と同じ比率になるのです。
また、A0版は面積がピッタリ1uになるように長さが決められています。一方、B0版の面積は1.5uになります。それは、B列の縦の長さがA列の対角線の長さと同じだからなのです。
紙のサイズ
A版とB版