〜雑学メモ〜



温度の単位 摂氏と華氏
メモNo.11
●昔の寒暖計には、摂氏()と華氏( )の2つの目盛があったのを覚えている方もいるでしょう。では、摂氏と華氏はどうちがうのでしょうか。
●摂氏温度は、スウェーデンの天文学者セルシウスが考案したもので、水の融点を0、沸点を100としたものです。これは、誰でも知っているでしょう。
 華氏温度は、ドイツの物理学者ファーレンハイトが考案したもので、当時人間が作ることのできる最低温度を0(氷と塩化アンモニウムの混合物で約−18℃)、人間の体温を96としたものです。なぜ96かというと、欧米ではヤード・ポンド法に見られるように12進法の単位がよく使われていたため、12の倍数で100に近い数値ということで96に設定したと言われています。(一説には、子羊の体温を100としたら、人間の体温が96くらいになったとも言われています。ちなみに、子羊は聖書で神の子=キリストを意味するとされています。)つまり、華氏温度は人間を尺度にしたもので、100を超えると危険であるということを示しているわけです。
 なお「華氏」とは、ファーレンハイトの中国語表記である「華倫海」からとったものです。つまり、正しくは「カ氏」ではなく「ファ氏」と呼ぶべきでしょう。ちなみに、セルシウスの中国語表記は「摂修」となります。
●摂氏温度と華氏温度の換算は以下の通りです。

      摂氏と華氏

日本やヨーロッパでは現在、SI単位(国際単位)のが使われていますが、アメリカなどでは未だにが使われています。
メモNo.12
10月はなぜ「October」
●10月は英語で「オクトバー/October」というのはご存知かと思いますが、そもそも「Octo」は数字の「8」を意味する言葉なのです。オクトパス(タコ・・・8本足)やオクターブ(8度の音程)などがその例です。ではなぜ、「オクトバー」が「10月」になるのでしょうか。
●古代ローマでは、真冬の時期を暦から省いていたと言われています。これは当時の農民にとって、冬は「死の季節」と考えられていたためです。この頃の一年は現在の3月から始まっていました。ですから、10月は3月から数えて8番目の月だったわけです。
 その後長い年月がたち、新たに1月と2月が加えられたのですが、月の呼び名をそのままにしたため、月数と呼び名とがずれてしまったのです。
●ちなみに、9月、11月、12月の呼び名は以下のような意味を持っています。
 9月・・・「September」→”7番目の月”の意味
 11月・・・「November」→”9番目の月”の意味
 12月・・・「December」→”10番目の月”の意味
メモNo.13
メモNo.14
メモNo.15
電子レンジと電磁調理器(IH)の違い
●最近は、システムキッチンのなかに電磁調理器を組み込んで、天板の上をすっきりとさせたものがありますが、「電磁調理器」と「電子レンジ」はどう違うのでしょうか。
電子レンジは、誘電加熱という方法を用いています。2.45GHzのマイクロ波と呼ばれる電波を食品に照射することによって、食品に含まれる水の分子を直接振動させることにより、食品を発熱させる調理器です。金属製の容器は電波を遮蔽してしまうので使用できません。

ちなみに、携帯電話に使われている電波(800MHz,1.5GHz)もマイクロ波の一種です。人体への悪影響について数多く報告されています。使いすぎにご注意を・・・

 電磁調理器は、誘導加熱(Indactance Heating)という方法を用いています。調理器から20k〜50kHzの交流磁場が出ていてそこに鉄やステンレス製の鍋などを置くと、磁場の作用により鍋に電流が流れ鍋を発熱させるものです。アルミや銅の鍋は電気抵抗が小さく発熱しにくいため使用できません。また、非金属製の鍋は誘導電流が発生しないため、これも使用できません。よくホテルで見かけるティーサーバーも電磁調理器です。なお、この誘導電流は鍋の内部だけを廻っているので、触っても感電はしません。

電磁調理器は磁気を使っているので、磁気カードやフロッピーディスクなどを置くとデータが消えてしまいますのでご注意を・・・

なお、最近では銅やアルミの鍋が使えるものも登場しています。これは、磁場の周波数を高くすることにより、発生する誘導電流を大きくしているのです。

   電磁調理器と電子レンジ

抹茶と粉茶の違い
●数年前に京都を旅したとき、ある寺で出された抹茶を飲んで以来すっかりファンになってしまいました。あの「抹茶」というのは、どのようにして作られるのでしょうか。
●緑茶のいろいろ

 煎茶(せんちゃ)・・・生産量がもっとも多く、一般的に飲まれているもの。

 玉露(ぎょくろ)・・・茶葉を栽培するときに、直射日光をさえぎった環境にする。(覆下栽培)
            これにより、うまみ成分のテアニンが増え、独特の甘味やうまみがでてくる。

 茎茶(くきちゃ)・・・煎茶や玉露を製造する過程で出る茎や葉軸の部分を集めたもの。シャープな
            味わいが楽しめる。

 粉茶(こなちゃ)・・・煎茶や玉露を製造する過程で出る粉の部分で作られる。濃いお茶がでる。

 番茶(ばんちゃ)・・・煎茶にする葉を摘んだあとの硬い葉や、煎茶の製造過程で除かれた葉や茎
            で作られる。甘味が少ないかわりに、軽く、さっぱりしている。

 ほうじ茶・・・番茶を高温で炒ったもの。カフェインやタンニンが少ない。

 抹茶(まっちゃ)・・・玉露と同じく、覆下栽培をした後、揉まずに乾燥させ、茎や葉脈の部分を
            取り除き、石臼で挽いて粉状にしたもの。煎じて飲む他のお茶と違い、ビタ
            ミンCや食物繊維が豊富。

CD-RとCD-RWの違い
●アナログレコードに変わる記録媒体CDが登場して約20年。今では、音楽だけでなく、パソコンのデータ用としても普及し、さらには、自分で記録ができるCD−RやCD−RWも広まってきています。しかし、最近は似たような名前の製品が多く、何が違うのかよくわからなくなってきています。
●CD−Rは、「Recordable=記録ができる」の頭文字をとったものであるのに対し、
 CD−RWは「ReWritable=書き換えができる」の頭文字をとったものです。

CD−Rは記録層に有機色素膜という材料を使用し、レーザー光を照射することにより膜に穴をあけて信号を記録するものです。一度あけた穴はもとには戻せないため、空白部分に一回しか記録出来ません。しかし、CD−Rに記録したものは、従来のCDプレーヤーでも再生ができます。価格も安くなっています。

CD−RWは記録層に相変化型記録膜という材料を使用しています。これは、レーザー光の照射の仕方によって、2つの状態(結晶状態と非結晶状態)に変化し、それぞれの表面反射率が異なることを利用して信号を記録するものです。2つの状態は、再度レーザー光をあてることで変化させることができるので、繰り返し書き換えができます。しかし、CD−Rに比べ信号部分の反射率の差が小さく、信号を読み取りにくいため、CD−RWに対応したプレーヤーでないと、再生することができません。

このように、それぞれ一長一短があり、使用目的に合わせて選ぶ必要があります。