〜雑学メモ〜



カセットテープ、4つのタイプ
メモNo.16
メモNo.17
フロッピーディスクの「2HD」とは?
●今やすっかりMDに主役の座を奪われたカセットテープですが、かつては、いかに音質を上げるかでメーカーが競いあっていたものです。その音質という点で、カセットテープには4つのタイプがありましたが、具体的には何が違うのでしょうか。
●カセットテープのタイプは、使われている磁気記録材料の保磁力(抗磁力)という特性値の違いによって分けられています。一般に、保磁力が高くなるほど高音域の出力がアップし、結果的に対ノイズ比(SN比)が良くなります。また記録ヘッドに流す電流もタイプにより異なり、これが合っていないと音質が悪くなります。

 TypeT(Normal ポジション)
   記録材料として、主にガンマ酸化鉄を用いている。
   保磁力 300〜400エルステッド(24〜32kAT/m)
 TypeU(High ポジション)
   初期の頃は、記録材料として二酸化クロムが使われていたため、クローム・ポジション
   とも呼ばれていたが、クロムの公害問題などにより、現在はガンマ酸化鉄にコバルトを
   添加したものが使われている。
   保持力 500〜700エルステッド(39〜56kAT/m)
   ビデオテープにもこのタイプが使われている。
 TypeV(Ferri-Chrome ポジション)
   今では伝説となったテープ。まだHighポジ対応のデッキが普及していなかった頃、Normal
   ポジションのデッキでHighポジの音を楽しむために開発された。記録層は、下層にNormal、
   上層にHighの材料を使った2層構造になっている。SONYの「DUAD」、DENONの「DX5」
   など、製品数はごく少ない。
 TypeW(Metal ポジション)
   記録材料として、鉄とニッケルの合金が使われている。
   保磁力 1000〜1200エルステッド(79〜95kAT/m)
   8o、DAT、DVC、D−VHSなどのデジタルテープは、さらに保持力の高いものを使って
   いる。
●現在普及しているフロッピーディスクの大部分には必ず、「2HD」の文字がありますが、これはいったい何を表しているのでしょうか。
●現在のフロッピーディスクは硬いプラスチックのシェルに収まっていますが、最初につくられたものは薄い封筒のようなシェルに入っていました。しかも、大きさは8インチ(約20cm)もありました。
初期のFDは記録容量も小さく片面しか記録できませんでしたが、技術が進歩し、現在のように記録密度が高く、両面に記録できるようになりました。「2HD」というのは、FDの進化をあらわす型番なのです。

 [2]・・・記録する面の数を表す。(1)は片面、(2)は両面。

 [H]・・・記録密度を表す。(S)は単密度、(D)は倍密度、(H)は高密度。
       単(Single)密度・・・128バイト/セクタ
       倍(Double)密度・・・256バイト/セクタ
       高(High)密度・・・512バイト/セクタ

 [D]・・・片面あたりの記録トラック数を表す。(”空白”)は40トラック、(D)は80トラック。

●ちなみに、フロッピーディスクを発明したのは、都知事選になるとよく見かける発明家、ドクター・中松氏です。


メモNo.18
「ポリエステル」と「PET」の関係
●最近は「地球に優しい」を合言葉に、いろいろなものがリサイクルされるようになってきました。その中で、PETボトルを再生したポリエステル繊維の衣類も現れてきましたが、ポリエステルとPETは同じものなのでしょうか。
●厳密にいうと、「ポリエステル」とは単量体(モノマー)分子がエステル結合によって長くつながった高分子化合物の総称を言います。PET(ポリエチレン・テレフタレート)その中の一つです。PET以外にもさまざまなポリエステルがありますが、PETは強度が高く安価であるため世の中で大量に使われており、衣類のポリエステル繊維もほとんどがPETを使っています。ですから、実質的にはポリエステルとPETは同じものと思って良いでしょう。しいて言えば、繊維として使われているものをポリエステル、飲料の容器などに使われているものをPETと呼ぶと考えて下さい。ちなみに、「テトロン」はポリエステル(PET)の商品名です。

          ポリエステルの構造
メモNo.19
熱の伝わり方、3つのタイプ
●冬が近づいてくると、暖房器具が恋しくなってきます。器具によって暖まり方に違いがあり、大きく分けて3つのタイプがあります。

その@伝導伝熱
   固体の内部を熱が伝わる現象を伝導伝熱といいます。

   固体の伝熱
   使い捨てカイロ、電気毛布、湯たんぽなど直接身に付けるものはこれにあたります。

そのA対流伝熱
   水や空気などの流体を熱が伝わる現象を対流伝熱といいます。伝導と違い、媒体そのもの
   が移動する(流れる)ことで熱が伝わります。
   エアコン、ファンヒーター、風呂釜などがこれにあたります。

   ただし流体でも、固体に接している部分では、”粘性”によって流れが止まっている”境界層
   と呼ばれる領域があり、そこでは伝導伝熱によって熱が伝わります。この”境界層”の厚さは
   流れが速いほど薄くなり、熱が伝わりやすくなります。扇風機で涼しく感じたり、焼きいもを食
   べる時などに、ふーふーと息を吹きかけるのは、”境界層”が薄くなり、放熱が良くなるからな
   のです。

          対流伝熱

そのB輻射(放射)伝熱
   固体や流体などの媒体を必要とせず、直接熱(赤外線)が伝わる現象を輻射といいます。
   赤外線ヒーター、電気こたつなどがこれにあたります。
   赤外線は電磁波の一種で、直進性があるため、器具が向いている部分だけが暖まります。
メモNo.20
似て非なるもの、LDとDVD
●「絵の出るレコード」と呼ばれ、CDよりも先に世に登場したレーザーディスク(LD)ですが、今ではDVDに押されてすっかり影をひそめています。それでも、アナログレコードと同様にマニアの間では根強い人気があり、一時は撤退かと言われていたLDプレーヤーの生産も続行されるようです。
●LDもDVDも、CDと同じくレーザーで信号を読み取る光ディスクですが、記録されているフォーマットが異なります。
   DVDは映像・音声ともにデジタル記録ですが、
   LDは音声がアナログ又はデジタル記録で、映像がアナログ記録となっています。
アナログといっても、レコードのように信号波形がそのまま記録されるのではなく、周波数変調(FM変調)された信号が記録されます。(ちなみに、デジタル記録はPCM変調とも呼ばれます。)

<デジタル記録の原理>

光ディスクの記録面にはピットと呼ばれる凹凸があり、これにレーザー光を照射して反射してくる光の強弱を信号として読み取っています。デジタル記録では、反射光の強弱を2進数の「1」・「0」として読み取り、それを10進数のデータに変換し、それらの数値データをつないで連続する信号にして、音声や映像の信号波形を再現します。
デジタル記録では、基準レベルより高い信号は全て「1」、低い信号は全て「0」として処理されるため、多少のノイズが含まれていても「1」か「0」のどちらかに振り分けられるので、再生信号には記録媒体に起因するノイズがないのです。

     ノイズを含む読取り信号 → 基準レベルで分別 → 整形後の信号
      デジタル信号の整形

<LDのFM変調記録>
デジタル記録では、一定時間ごとにピットからの反射光を読み取っているのに対して、FM変調記録では、個々のピットの長さを信号の波長として読み取り、そこから周波数を割り出し、周波数の高低から音声や映像の信号波形を再現します。

      読取り信号(FM変調) →  復調  → 再生信号(アナログ)
     FM変調

<LDの2つのタイプ>
LDには、片面30分/両面1時間のCAV方式と、片面1時間/両面2時間のCLV方式があります。

   CAV(Constant Angler Velocity)とは、ディスクの回転数が一定の方式です。読み取り
   ヘッドの位置に関係なく回転が一定なので、装置の構造が比較的簡単で、また、ランダムア
   クセスも高速で行えます。ただし、内周側と外周側で線速度が変わるため、記録品質に差が
   あり、ディスクの使用効率が良くありません。
   アナログレコード、VHD、FDなどがこの方式です。

   CLV(Constant Linear Velocity)とは、記録トラックの線速度が一定の方式です。読み
   取りヘッドの位置によって回転数を変えるため、構造がやや複雑になり、ランダムアクセスの
   ように頻繁に回転数をかえるようなものには向いていません。しかし、内周側と外周側とで記
   録品質が一定のため、ディスク使用効率が良く、記録容量を高くすることができます。
   CD、MD、DVDなどがこの方式です。

●ディスク記録媒体には、内側から記録するものと、外側から記録するものがあります。外側部分は、何かにぶつけたりするなど傷が付きやすいので、記録品質が一定のCLV方式では内側から記録しています。しかし、CAV方式では外側ほど線速度が速く記録品質が良いため、外側から記録しています。