〜雑学メモ〜


除夜の鐘はなぜ108?
メモNo.21
●毎年、大晦日になると遠くから聞こえてくるのが除夜の鐘の音。人間の煩悩は108あり、それを取り払うために鐘をつくと言われています。この、「108」の煩悩については諸説ありますが、その中で定説とされているものを紹介しましょう。
●人間の感覚器官には、
   「眼」 「耳」 「鼻」 「舌」 「身」 「意」
の六つがあり(これを六根と言う)、それぞれに、
   「好き」 「嫌い」 「どちらでもない」
の三種があり、さらに、
   「浄(きれい)」 「染(きたない)」
の二種にわかれ、
   「過去」 「現在」 「未来」
の三つの時間が関わってきます。

これらを掛け合わせると、6×3×2×3=108となるのです。

でも、よく考えてみると、「好き」で「きれい」がなぜ「煩悩」なんでしょうかね・・・

メモNo.22
サンタクロースの衣装はなぜ赤い?
●サンタクロースの起源については、その昔、トルコに住んでいたセント・ニコラスというカトリック司教が、貧しい人々や子供たちのために慈善事業をしていたのが始まりと言われていますが、定かではありません。それはともかくも、サンタクロースはなぜ真っ赤な衣装を身に着けているのでしょうか。

●あの、白いひげをたくわえたやさしいおじいさんのイメージは、実はコーラの販売キャンペーンのために生み出されたキャラクターなのです。それまでのサンタクロースのイメージは、小さな妖精で衣装の色も様々でしたが、1931年、アメリカの画家ハドン・サンドプロムがコカ・コーラ社の依頼を受け、広告のイラストのデザインとしてあの姿を描いたのです。あの赤い色は、コカ・コーラのイメージカラーなのです。また、やさしそうなおじいさんの姿は、彼の友人のセールスマンをモデルにしたもので、あのセント・ニコラスのイメージにぴったりだったのです。

メモNo.23
2つのインディ・カー"CART"と"IRL"
●2003年春、モータースポーツ誌に「インディ・カー日本初上陸」の言葉を目にしますが、おやっ?と思った人もいるでしょう。「あれっ、今までも、もてぎでインディ・カーやってたのに"初上陸"とは・・・」

実はインディ・カーレースには、"CART"と"IRL"の2つの団体があるのです。1998年からツインリンクもてぎで行われていたのはCARTシリーズで、2003年から行われるのはIRLシリーズなのです。これまでCARTに参戦していたホンダやトヨタが、エンジンのレギュレーションをめぐる対立からCARTを脱退し、IRLに転向するとともに、マイケル・アンドレッティや高木虎之助などのドライバーもIRLに転向してきました。これまではインディ・カーといえばCARTがメジャーだったのが一気に形勢を逆転してきたのです。

CARTシリーズは1978年に、当時の有力団体USACに対抗して発足し、伝統の「インディ500マイルレース」も、USACに変わりCARTシリーズに組まれるようになりました。しかしその後、1996年にUSACの後押しで発足したIRLシリーズに再びインディ500が組まれるようになりました。(IRLを作ったのはインディ500の興行権を持つIMSなのです。)アメリカのトップレースの歴史は、対立の歴史でもあるのです。

●ところで、CARTシリーズとIRLシリーズは、具体的にどう違うのでしょうか。
CARTシリーズは、年間18戦(2003年)行われ、市街地、ロード、オーバルと多彩なコースで争われます。一方IRLシリーズは、年間16戦(2003年)行われ、全てオーバル・コースのみで争われます。エンジンについて見ると、CARTのマシンは2.65リットルV8ターボで、2003年はフォードのワンメイクになります。一方IRLのマシンは3.5リットルV8ノン・ターボで、2003年はホンダ、トヨタ、シボレーの3メーカーが供給します。燃料にはCART、IRLともにメタノールを使用します。
メモNo.24
本当のうぐいす色は?
●うぐいすパン、うぐいすもちなど、うぐいすの名が付いた食べ物というと、すぐに緑色を思い描きます。また、花札の「梅にうぐいす」の絵に描かれている鳥も緑色をしています。しかし・・・

実は、うぐいすは緑色ではありません。私たちがうぐいすだと思い込んでいる緑色の鳥は、めじろを見間違えたものです。本当のうぐいすの色は、緑褐色をしています。

うぐいすは警戒心が強く、普段は藪のなかにひそんでいます。「ホーホケキョ」という鳴き声は繁殖期にオスだけが出すもので、普段は「チャッ、チャッ」と鳴きます。うぐいすの「ホーホケキョ」という声を聞いてその方を振り向いた人が、同じ時期に花の蜜を吸いにきていためじろを見つけて、それがうぐいすだと思いこんだことから、長い間誤解されているのです。

うぐいす
めじろ
めじろ
うぐいす
メモNo.25
国連憲章〜序文〜
●2003年3月20日、アメリカとイギリスは国連安保理の採択のないままイラク攻撃を開始しました。皮肉にも、国際連合を設立した両国の行動が安保理を混乱させてしまいました。1945年に設立された国連は、そのあり方を問われる時期に来ているのでしょうか。

●『国連憲章』は、下記のように全19章、111条から成っています。

 第1章 目的及び原則(第1〜2条)              第11章 非自治地域に関する宣言(第73〜74条)
 第2章 加盟国の地位(第3〜6条)              第12章 国際信託統治制度(第75〜85条)
 第3章 機関(第7〜8条)                    第13章 信託統治理事会(第86〜91条)
 第4章 総会(第9〜22条)                   第14章 国際司法裁判所(第92〜96条)
 第5章 安全保障理事会(第23〜32条)          第15章 事務局(第97〜101条)
 第6章 紛争の平和的解決(第33〜38条)         第16章 雑則(第102〜105条)
 第7章 平和に対する脅威、平和の破壊及び        第17章 安全保障の過渡的規定(第106〜107条)
      侵略行為に関する行動(第39〜51条)      第18章 改正(第108〜109条)
 第8章 地域的取り決め(第61〜72条)           第19章 批准及び署名(第110〜111条)
 第9章 経済的及び社会的国際協力(第55〜60条)
 第10章 経済社会理事会(第61〜72条)

それぞれの詳細についてはここでは紹介しきれませんので、序文のみ紹介します。


 国際連合憲章

「われら連合国の人民は、われらの一生のうちに二度まで言語に絶する悲哀を人類に与えた戦争の惨害から将来の世代を救い、基本的人権と人間の尊厳及び価値と、男女及び大小各国の同権とに関する信念をあらためて確認し、正義と条約その他の国際法の源泉から生じる義務の尊重とを維持することができる条件を確立し、一層大きな自由の中で社会的進歩と生活水準の向上とを促進すること、並びにこのために、寛容を実行し、且つ善良な隣人として互いに平和に生活し、国際の平和及び安全を維持するためにわれらの力を合わせ、共同の利益の場合を除く外は武力を用いないことを原則の受諾と方法の設定によって確保し、すべての人民の経済的及び社会的発達を促進するために国際機構を用いることを決意して、これらの目的を達成するために、われらの努力を結集することに決定した。よって、われらの各自の政府は、サン・フランシスコ市に会合し、全権委任状を示してそれが良好妥当であると認められた代表者を通じて、この国際連合憲章に同意したので、ここに国際連合という国際機構を設ける。」