〜雑学メモ〜


「緊急事態!」はなぜ「メーデー!」
メモNo.26
●アクション映画のハイジャックシーンなどで、機長たちが「メーデー!メーデー!」と叫んでいるのをよく見ますが、「メーデー」=「労働者の祭典」がなぜ「緊急事態」なのでしょうか。

 実は、「メーデー!」はもともとフランス語の「m’aider」からきたもので、英語の「MayDay」と発音が同じなのです。「m’aider」は英語の「Help me」に相当します。

●ついでに、無線交信などで「了解」を「ラジャー(Roger)」と言うのは、なぜでしょう。

 もともと「了解」は英語では「Received」なのですが、頭文字の"R"を伝えるのに、日本語で「"い"はいろはの"い"」というのと同様に、「"R"はRoger(男性の名前)の"R"」としたことから始まったと言われています。
メモNo.27
大型トラックの3個の緑ランプの謎

●大型トラックが道路を走っているときに、運転席の上にある3個の緑ランプが点いたり消えたりしているのをよく見ますが、あれは何を意味しているのでしょうか。

 あの3個のランプは「速度表示灯」といって、車両総重量8トン以上又は総積載量5トン以上の大型トラックに装着が義務付けられていたものです。時速20km/hごとに1個ずつ点灯し、3個点灯すると一般道の法定速度60km/hを超えていることになります。

          速度表示灯

 大型車は急ブレーキをかけてもすぐには止まれないため、歩行者などが遠くからでも速度感をつかみ易くするためといった、安全のためにあるわけですが、実際にはそのことを知らない人も多く、事故防止に効果がなく、また、運送業者の経済的な負担を軽減するなどの理由から、平成13年8月31日付けで速度表示灯の装着義務の廃止が公布・施行されました。

 替わって、最高速度を90km/hに抑えるリミッターの装着が義務付けられるようになり、上記と同日に公布、平成15年に施行されることになりました。
メモNo.28
地球には2つの北極がある?
●「もしも、地球の磁場がなくなったら・・・」そんなことをテーマにした映画が公開されましたが、それはともかく、地球には北極が2つあることを知っていますか?

●1つ目は、地図上の北極点。これは、地球の自転軸を基準にしたものです。そして2つ目は、地磁気の北極(北磁極)です。

 地球は、北極をS極、南極をN極とする巨大な磁石です(コンパスのN極が北極を指すのですから、北極自身はS極となります。)が、その中心は自転軸からずれた位置にあり、年々少しずつ移動しています。実は、地球が誕生して以来、磁極の向きは何度か逆転をしており、その際磁場が消滅し、生物が絶滅してきたと言われています。映画の内容も決して作り話とは言えないのです。

 北極と同様に南極もまた、南極点南磁極がずれており、年に10kmずつ北に移動しています。これは地殻運動などに比べるとかなり速く、単純計算すると、あと1100年余りで日本の近くまで来ることになります。

日本においては、コンパスの指す北は地図上の北に対して、約3゚(沖縄)〜9゚(北海道)西に偏っています。もし、登山などで道に迷ったときはそのことを頭に入れておいた方が良いでしょう。
(北磁極は日本から見ると北極点の東側にあるので、本来は東に偏っているはずですが、地磁気の流れはどの場所でも磁北を向いているわけではなく、地域によって蛇行しているのです。)


   北極     南極

        北磁極の位置(2001年)             南磁極の位置(1997年)
        北緯 81.3°西経 110.8°             南緯 64.6°東経 138.6°


メモNo.29
世界一の"一年計砂時計"「砂暦」
●砂時計というと、1分計や3分計など、ちょっとした時間を遊び心で眺めるものですが、世の中には、1年/365日を計る巨大な砂時計があります。

 島根県仁摩町。ここにある「仁摩サンドミュージアム(砂の博物館)」に、「砂暦」という名の巨大な砂時計があります。全高5.2m、直径1mの容器の中には、山形県の飯豊山中から採取した鳴き砂1tが入っており、これが一年がかりで落ちていきます。しかし、これだけの大きさでありながら、砂が流れるオリフィス部の直径はわずか0.84oで、温度や気圧のわずかな変化により流量が増減するので、全ての砂をピッタリ一年で落としきるために、内部の圧力をコンピュータにより制御しているのです。
 原始的な道具である「砂時計」を最新技術の「コンピュータ」がコントロールしているというお話。

●仁摩町の近くには、日本有数の鳴き砂の浜"琴ヶ浜"があります。鳴き砂の条件としては、汚れがなく粒がそろっていることが必要で、かつては日本の各地に見られましたが、海洋汚染や埋め立てなどにより、年々鳴き砂の浜が減ってきているそうです。
メモNo.30
世界一小さな火山「笠山」
●「生きている地球」、それを実感できるのが火山です。現在、世界で最も標高の高い火山は、南米のチリ・アルゼンチンの国境にあるナホス・デス・サラド(6893m)ですが(ユヤイ・ナコ(6739m)という説もある)、逆に、世界で最も小さな火山は、日本にあります。
 山口県萩市にある笠山(112m)は、噴火口を持つ火山としては世界最小です。山頂部の噴火口は直径が30mあり、階段が付けられていて底に下りることができます。内部は、火口というよりも洞窟の入り口のような感じです。
















仁摩サンドミュージアム
「砂暦」
砂漠に建つピラミッドをイメージした外観の
仁摩サンドミュージアム。
ふるさと創生事業として、平成3年3月3日にオープン。
世界一の砂時計「砂暦」
平成3年1月1日に始動
笠山噴火口
笠山山頂
<笠山山頂部>         (撮影1993.11.22)
知らない人にはただの公園にしか見えないかも
知れない。
<笠山噴火口>
赤茶けた土の色が、唯一
火山らしいところ。
仁摩町
笠山の場所

 仁摩町は、2005年に
 大田市と合併しました。