〜雑学メモ〜

日本一低い山
メモNo.36
●ある年代以上の人は、銅のサビである緑青(ろくしょう)は有毒であると学校などで教わってきたと思います。ところが、これは誤りであることが実験などにより証明され、昭和59年8月、当時の厚生省から公表されました。じつはこの「緑青は有毒」説は日本だけのものなのだそうです。

 緑青の主成分は炭酸銅と水酸化銅の混合物CuCO3・Cu(OH)2ですが、これが有毒とされてきた根拠については定かではありません。その毒々しい色からくるイメージであったり、「足尾鉱毒事件」に代表されるように、銅の精錬工程で発生する有毒物質と、銅のサビである緑青とが一緒くたになって伝えられているのかも知れません。

 銅には、細菌の繁殖を抑える働きがありますが、人間の体にとっては有毒どころか、なくてはならないものでもあります。赤血球の成分であるヘモグロビンが作られるには鉄はもちろん不可欠ですが、銅の助けがないと鉄がうまく利用できません。これによって起こる貧血を「銅欠乏性貧血」といいます。
「緑青は有毒」説は根拠なし
メモNo.37

●日本一高い山が富士山であることは誰でも知っていますが、逆に日本一低い山はどこでしょうか?

 国土地理院の2万5千分の1地形図に名前が載っている山としては、大阪府大阪市の天保山(標高4.53m)が最も低い山となります。また、天保山はギネスブックにも登録されている世界一低い山でもあります。ちなみに、天保山は安治川の治水工事で出来た人工の山です。
 
 天保山は2等3角点の山ですが、1等3角点の山としては、大阪府堺市の蘇鉄山(標高6.8m)が最も低い山となります。この山も人工のもので、黒船来航に備えて作られた台場の名残です。

 地形図に名前の載っていない山としては、秋田県大潟村の大潟富士(標高3.776m)があります。この高さはちょうど富士山の1000分の1になっています。この山は八郎潟の一角にあり、山頂は海抜0mとなっています。

ちなみに、国土地理院の地形図に名前が載るには、
     (1)地元で呼んでいる
     (2)自治体でその名前を公式に使用している
     (3)名前を記載することが妥当なこと
の3条件が必要となっているそうです。大潟富士が地形図に載るには、まだ歴史が浅いようです。

 上記の3つはいずれも人工の山ですが、地形図に載っている自然に出来た山としては、徳島県徳島市の弁天山(標高6.1m)が最も低い山となります。

●アラビアン・ナイトといえば、「アリババと40人の盗賊」などが有名ですが、このなかに登場する呪文「開けゴマ」、なぜ「ゴマ」なのでしょうか。

 ゴマの原産地はアフリカ。乾燥に強く、サバンナで栽培するのに適しています。そこから、中東・インド・中国を通って日本まで伝わってきました。私たちが普段見ているゴマは種子の部分で、成熟するまでは鞘の中に入っています。収穫期になると鞘が開き、中からゴマが現れるのです。

 古代エジプトではゴマは貴重品で、食用のほかにゴマの持つ抗酸化作用を利用して、ミイラの腐敗防止などにも使われていました。

 しかし乾燥に強いとはいっても、干ばつが続けば種子が出来ず、鞘も開きません。「開けゴマ」は、干ばつに苦しんでいた農民たちの願いがこもった言葉なのです。

●かつて、アメリカのゴマ産業の父と言われたアンダーソン兄弟は、農場で働く入植者のために町を造り、彼らの子供たちの教育に力を入れました。それは、人種や上下関係の区別なく行なわれたのです。その町のメイン・ストリートの名が「セサミ・ストリート」で、あの有名なTV番組はここから始まったそうです。
「開けゴマ」…なぜゴマなのか?
メモNo.38

●いまや日本は世界一の長寿国。少子化と医療の進歩により年々老齢化が進み、社会問題にもなってきています。とは言え、一度しかない人生ですから長生きはしたいものです。
 ここで、昔から長寿の祝いとされているものをいくつか紹介しましょう。

< 60歳> 還暦
 『還暦』は暦が一周して元に戻るという意味です。これは、60年で生まれ年の干支(十干と十二支の組み合わせ)に戻ることからきています。
 十干(じっかん)は、中国の陰陽五行説からきているもので「えと」とも言い、「え」は陽、「と」は陰を意味しています。
 (五行説・・・この世は、木・火・土・金・水の5つの物質で構成されているという考え方。)

   (陽干)・・・甲(きのえ)、丙(ひのえ)、戊(つちのえ)、庚(かのえ)、壬(みずのえ)
   (陰干)・・・乙(きのと)、丁(ひのと)、己(つちのと)、辛(かのと)、癸(みずのと)


 十二支もまた、陽と陰に分けられています。

   (陽支)・・・子、寅、辰、午、申、戌
   (陰支)・・・牛、卯、巳、未、酉、亥


それぞれ、陽支には陽干、陰支には陰干が付くことになっているので、5×12=60通り となるわけです。

< 70歳> 古稀(希)・・・唐の詩人、杜甫の曲江詩「人生七十、古来稀なり」から。

< 77歳> 喜寿・・・「喜」の草書体「」が、「七十七」に見えることから。

< 80歳> 傘寿・・・「傘」の略字「」が、「八十」に見えることから。

< 88歳> 米寿・・・「米」という字を分解すると「八十八」に見えることから。

< 90歳> 卒寿・・・「卒」の異体字「卆」が「九十」に見えることから。

< 99歳> 白寿・・・「百」の字から「一」を取ると「白」になることから。

<108歳> 茶寿・・・「茶」の字を分解すると、「十十(20)」、「八十」、「八」に分けられ、
             全部足すと108になることから。

<111歳> 皇寿・・・「皇」の字を分解し、組み直すと「百」、「十」、「一」となることから。

<112歳以上> 珍寿・・・これ以上の長生きは珍しいということから。

長寿の祝い、あれこれ
メモNo.39

「数え年」とは?
●長寿の祝いも含め、古くからある風習は本来「数え年」で行うものが多いようです。よく使われる言葉ですが、「満年齢」とどう違うのでしょうか。

 「数え年」は、生まれた年を1歳とし、以後、正月を迎えるたびに1つずつふえてゆく数え方なのです。例えば12月31日に生まれた人の場合、その年は数え1歳となり、翌年の1月1日には数え2歳となりますが、この時点では満年齢は0歳なので、数え年と満年齢とで2歳の差があることになります。
 数え年は、正月になると歳神様を迎え、その御霊をいただいて歳をとるという考え方からきています。今のような戸籍制度もなく、読み書きも十分にできない庶民が多かった時代、正月を基準にして年齢を数える方が便利で簡単だったのでしょう。

メモNo.40