●視力検査表で使われているアルファベットの「C」に似た図形は、実はアルファベットではなく、丸い環の一部が切れている図形なのです。

 あの図形は、「ランドルト環」と呼ばれるもので、フランスの眼科医Edmund Landoltによって考案されたものです。

 環の形は下図のように決められていて、
5mの距離から、1.5oの切れ目が見える視力を1.0とし、1.5oの何分の一まで見えるかで視力を判定します。
 例えば、0.75oの切れ目まで見えれば、0.75÷1.5=1/2で、視力は2.0ということになります。

     ランドルト環

最大の図でも切れ目が見えない場合は、見える位置まで近づき、その距離と5mとの比を
検査表の最低視力に掛けて算出します。

視力検査の「C」の意味
メモNo.44

●音楽で使われる音の高さには、数学的な法則があります。

 音階が1オクターブ上がると、音の周波数は2倍になります。1オクターブの間は、半音を含めると12段階あり、それらの音の周波数は、2のべき乗で表現できます。
          音階の数式
 基準音の中でも最も基本となっているのは、A(ラ)の音で、周波数は440Hzです。
          基準音

 ちなみに、時報の「ポッ、ポッ、ポッ、ポーン」という音は、最初の「ポッ、ポッ、ポッ」が440Hzで、最後の「ポーン」が880Hzとなっています。

 「数学は苦手」という人が聴いている心地よい音楽も、実は数学の法則に従っているのです。
音階は2の倍数
メモNo.43

「木管楽器」と「金管楽器」の違いは?
メモNo.45


●天気予報を聞いていると、よく「大気が不安定な状態」という言葉を耳にしますが、これはどういうことなのでしょうか。

 一般に、空気は暖められると膨張して軽くなり、冷やされると重くなります。熱気球などはこの性質を利用したものです。軽いものは上がり、重いものは下がる。これが自然の法則です。
 通常私たちが生活している大気の層「対流圏」では、高度が上がるにつれて気温は低くなりますが、100mにつき0.65℃程度の差であれば「安定な状態」と言えます。
 ところが、地上の気温が上がったり、上空に寒気が流れてくると、「より軽いものが下に、より重いものが上に」という状況になり、「不安定な状態」ということになります。自然界では、「不安定な状態」は「より安定な状態」になろうとする作用があるため、地上の暖かい空気と上空の冷たい空気が入れ替わろうとして上昇気流が起こり、このとき雲が発達して雷が発生することがあります。

●カミナリといえば夏の風物詩のように思われますが、夏以外でも発生することがあります。
夏のカミナリは、地上が加熱されることで上昇気流が起こり、雲が発達して雷雲となります。このときに発生するものを「熱雷」と言います。
 また、発達した寒冷前線が通過する際には、寒気が暖気にもぐり込み押し上げようとするときに強い上昇気流が起こり、雷雲が発達することがあります。このときに発生するものを「界雷」と言います。界雷は季節を問わずに発生しますので、発達した寒冷前線が通過する際は、要注意です。

     熱雷・界雷

               熱雷                    界雷
怖いカミナリ「熱雷」と「界雷」
メモNo.42
〜雑学メモ〜

●2007年8月16日、埼玉県熊谷市・岐阜県多治見市の2ヶ所で、日本の観測史上最も高い気温、40.9℃を記録しました。これまでの最高記録は、1933年7月25日に山形市で記録された40.8℃でした。これらの暑さの原因として、天気予報でよく耳にするのが「フェーン現象」と呼ばれるものです。「フェーン( )」は、アルプス地方で吹く山おろしの風のことで、日本語では「風炎」という当て字が使われます。

 湿った強風が山を上昇するとき「断熱膨張」という現象により気温が下がり、空気中の水蒸気が雨や霧となって地上に降ります。その後、山を越えて下降するときには「断熱圧縮」という現象により再び気温が上がります。(自転車の空気入れを使っていると熱くなるのも、この現象によるものです。)

 通常、乾燥空気の断熱膨張・圧縮による温度変化は高度差100mにつき1℃で、下がった気温が再び上がるだけなら、元に戻るように思えますが、気体の水蒸気が液体の雨や霧になるときに、「凝縮熱」というものを放出するため、山の上部では温度低下率は100mにつき0.5℃程度に減少します。山を降りるときには空気は水分を失い乾燥しているため、100mにつき1℃高くなるため、元の空気よりも温度が高くなるのです。

●除湿機は、エアコンの室外機を部屋に入れたようなもので、冷却除湿して温度が下がった空気を放熱器で再び加熱するのですが、このとき「フェーン現象」と同じように「凝縮熱」も加わるため、除湿機を使っていると室温が上がるのです。(実際には、凝縮熱の他に電気回路などの熱も加わりますが・・・。)
 逆に、暑い日に打ち水などをすると、水が蒸発する際に「蒸発熱」を吸収するため、気温が下がります。
     フェーン現象
「フェーン現象」と「除湿機」
メモNo.41
●楽器には、打楽器、弦楽器、管楽器などいろいろありますが、その中で管楽器には
「木管楽器」「金管楽器」がありますが、この2種類はどう違うのでしょうか。

 「木管」・「金管」というと、素材が違うように思えますが、木管楽器のなかにも金属製のものがありますし、その逆もあります。実は、「木管楽器」と「金管楽器」では、音の発生方法が異なっています。
 木管楽器は、薄い板(リード)を振動させたり、吹き口のエッジに息を吹いて空気を振動させることにより音を発生させていますが、金管楽器は、楽器自体が音を出すのではなく、演奏者が唇を振動させることで音を発生させ、朝顔の形をした管で音を増幅しているのです。
金管楽器は言わば「拡声器」のようなものなのです。
 木管楽器では、管に開けられた穴を開閉することで音程を自由に変えられますが、金管楽器は、基準音とその倍音しか出せないのが基本です。しかし、トランペットやトロンポーンのように、ピストンやスライド管などを使うことで、倍音以外の音も出せるようになっています。

 金管楽器・・・トランペット、トロンボーン、ホルン、チューバ、など。

 木管楽器・・・フルート、リコーダー、クラリネット、サキソフォン(サックス)、など。

 (サックスは一見、金管楽器のように思えますが、リードを使っているので木管楽器です。)