歯の神経を抜くと、なぜもろくなる?
メモNo.50

「五稜郭」は日本に二つある
メモNo.49

●虫歯で歯医者に行くのは、誰でもつらいものです。それでも現在では、治療で痛みがあるとすぐに麻酔を打ってくれるので、昔にくらべれば、かなり楽にはなっています。

 ところで、虫歯が進行して神経を抜くと、歯がもろくなる(あるいは、歯が死んでしまう)と言われますが、無機物のカルシウムで出来ている歯が”死ぬ”とは、どういうことでしょうか。

 人間の歯は、主に、エナメル質・セメント質、象牙質、歯髄の3層から成っています。


@エナメル質・セメント質
 歯の表面は、歯冠部がエナメル質、歯根部がセメント質
 で覆われている。
 エナメル質は、約95%以上がリン酸カルシウムから成る
 「ヒドロキシ・アパタイト」と呼ばれる硬い結晶質で出来て
 おり、自然界にある、鉱物と同じようなものである。
 セメント質は、半分はヒドロキシ・アパタイトで出来ているが、
 残りの半分は、蛋白質(主に、コラーゲン)や水分など
 から成っている(一般の骨とほぼ同じ)。
A象牙質
 歯の大部分を占め、約70%がヒドロキシ・アパタイトで、
 残りの約30%は、蛋白質や水分などから成っており、
 エナメル質より軟らかい。
 象牙質の内部には、歯髄の表面にある象牙芽細胞から
 線維束が伸びていて、象牙質を形成・維持している。
B歯髄
 神経や血管が通っていて、象牙質に栄養や水分を供給
 している。


このように、歯は、石のような単なる固まりではなく、内部に蛋白質や水分を含んでいて、それを維持するために、血管が通っているのです。
神経を抜く際には、一緒に血管も取り除かれるので、栄養や水分の供給が止まり、歯が”枯れて”しまうのです。

 

戸切地陣屋(北斗市)

函館四稜郭

龍岡城五稜郭

函館五稜郭

戸切地陣屋
龍岡城五稜郭
函館四稜郭
函館五稜郭
野山で見かける橙白の標識は?
メモNo.48

仏滅、大安、…の順序が変わるのは?
メモNo.47

〜雑学メモ〜

「イカスミ」と「タコスミ」
メモNo.46

●太陽暦を使っている現在でも、生活の中には旧暦の風習などが多く残っています。
その中でも、縁起をかつぐものとして、大安、仏滅などはよく利用されています。これを
「六曜」(りくよう)といいます。「六曜」は中国から伝わり、日本で呼び名が変化したもので、
 先勝(せんがち)友引先負(せんまけ)仏滅大安赤口(じゃくこう)→・・・の順に
繰り返されますが、カレンダーを見ていると時々、順序が飛ぶことがあります。
 
 「六曜」は、旧暦の各月の初日に、それぞれ以下のように割り振られています。

     1月1日、 7月1日 ・・・ 先勝
     2月1日、 8月1日 ・・・ 友引
     3月1日、 9月1日 ・・・ 先負
     4月1日、10月1日 ・・・ 仏滅
     5月1日、11月1日 ・・・ 大安
     6月1日、12月1日 ・・・ 赤口

 各月は、これらの六曜から始まるため、月の変わり目に順番がとぶことがあるのです。

●イカスミと言えば、スパゲッティなどに使われる食材ですが、なぜタコスミの料理は無いので
しょうか。

 イカもタコも敵に襲われそうになるとスミを吐いて逃げますが、イカのスミは粘り気があり、
拡散せずにとどまっているため、自分の分身として敵の注意をそらせると考えられています。
一方、タコのスミは粘り気が少なくサラサラとしているため、煙幕のように敵の目を眩ますと
考えられています。

 イカスミもタコスミも成分は似ていますが、タコスミは旨み成分が少なく、粘り気がないため
パスタなどに絡みにくいため、料理に使われないのです。
また、イカスミもタコスミも「墨汁嚢」という袋に入っていますが、タコの墨汁嚢は肝臓の内部に
あるため取り出し難く、また、イカに比べてスミの量も少ないという理由もあります。

 ちなみに、「セピア色」はイカスミから作られる色材で、セピア(sepia)はラテン語で「コウイカ」
を意味します。

●最近は、健康のためにウォーキングなどをしている人も多いと思いますが、
野山を歩いていると、右のような標識を見かけることがあります。
これは、「オリエンテーリング」というアウトドア・スポーツのための標識で、
コントロール・ポストと呼ばれるものです。

 オリエンテーリングは、地図とコンパスを使って、コース内のチェックポイント
(コントロールポスト)を順にめぐり、その時間を競うスポーツで、19世紀に北欧
スウェーデン軍の訓練として始められたものです。
 (ドイツ語の「Orienterungs Lauf」を略して、OLとも呼ばれます。)
写真のものは常設のパーマネント・コースのポストですが、競技会では仮設のポスト
が使われます。(パーマネント・コースに比べ、難度が高い。)
 パーマネント・コースは全国各地にあり、本格的にタイムを競ったり、ハイキング
気分で自然の中を歩いたりなど、老若男女、誰でも楽しめます。

 最近は登山を楽しむ中高年が増えていますが、遭難などの事故のニュースも耳にします。
オリエンテーリングで、地図を読む力を養ってみてはいかがでしょうか。

 ※詳細は・・・日本オリエンテーリング協会HP
          http://www.orienteering.or.jp/

●日本で「五稜郭」といえば、函館の五稜郭が有名ですが、実は、もう一ヶ所あります。

 それは、長野県佐久市(旧・臼田町)にある「龍岡城五稜郭」です。函館に比べると規模は小さいものですが、石垣や水をたたえた堀が残っています。
 函館五稜郭が築城されてから3年後、慶応三年(1967年)に、藩主松平乗謨(ノリカタ)によって築かれましたが、明治になり、廃藩置県とともに城郭の大部分は取り壊しとなり、石垣や一部の建物だけは残されたということです。現在は、小学校の敷地となっています。
 函館の五稜郭タワーのような施設は無く、山に登らないと全景を見るのは難しいですが、近くにある資料館「であいの館」に模型が展示されています。
コントロール・ポスト
スタート地点
OL用地図とコンパス

OL用地図とコンパスでポストを探し、
表示されている記号を、ボールペン等
で、枠内に記入してゆく。

パーマネントコースのスタート地点。
掲示されているマスター・マップから、
ポストの位置を手元の地図に書き移
して出発する。

石垣と堀
大手門入り口
石垣と堀
御台所

●日本には、このような星型城郭が他にもあり、函館四稜郭、松前藩戸切地(ヘキリチ)陣屋など
の遺構が残っています。

石垣と堀

大手門入り口

当時から唯一残っている「御台所」