〜雑学メモ〜

No.50  歯の神経を抜くと、なぜもろくなる?
No.49  「五稜郭」は、日本に二つある
No.48  野山で見かける橙白の標識は?
No.47  仏滅、大安、・・・の順序が変わるのは?
No.46  「イカスミ」と「タコスミ」

No.45  「木管楽器」と「金管楽器」の違いは?
No.44  視力検査の「C」の意味
No.43  音階は2の倍数
No.42  怖いカミナリ「熱雷」と「界雷」
No.41  「フェーン現象」と「除湿機」
No.40  「開けゴマ」・・・なぜゴマなのか?
No.39  「緑青は有毒」説は根拠なし
No.38  「数え年」とは?
No.37  長寿の祝い、あれこれ
No.36  日本一低い山
No.35  お守りの有効期限
No.34  超幸福!18葉のクローバー
No.33  日本の「へそ」
No.32  閏(うるう)年の規則
No.31  特定郵便局とは?
No.30  世界一小さな火山「笠山」
No.29  世界一"一年計砂時計"「砂暦」
N0.28  地球には2つの北極がある?
No.27  大型トラックの3個の緑ランプの謎
N0.26  「緊急事態!」はなぜ「メーデー!」
No.25  国連憲章〜序文〜
No.24  本当のうぐいす色は?
No.23  2つのインディ・カー"CART"と"IRL"
No.22  サンタクロースの衣装はなぜ赤い?
No.21  除夜の鐘はなぜ108?
No.20  似て非なるもの、LDとDVD
No.19  熱の伝わり方、3つのタイプ
No.18  「ポリエステル」と「PET」の関係
No.17  フロッピーディスクの「2HD」とは?
No.16  カセットテープ、4つのタイプ
No.15  CD-RとCD-RWの違い
No.14  抹茶と粉茶の違い
No.13  電子レンジと電磁調理器(IH)の違い
No.12  10月はなぜ「October」
No.11  温度の単位 摂氏と華氏
No.10  紙の大きさ A版とB版
No.9   透明人間も目は見える
No.8   角度の単位 ラジアン
No.7   日の出・日の入りの時刻
No.6   1マイルの長さ
No.5   電話番号の所在
No.4   ステレオ放送のしくみ
No.3   単位に付く倍率記号
No.2   高気圧と低気圧の境界線
No.1   旧暦のしくみ
◆知識を蓄えるというのはバケツに水を貯めるようなこととは違います。例えば数学の勉強をするのは、数学の知識を覚えるためだけのものではありません。勉強することによって脳の神経ネットワークが発達しますが、それらのネットワークは数学だけでなく他の様々な分野においても共用されるのです。「知識」というのはネットワークの組み合わせによって生まれるものです。

 こんな経験はありませんか。昔、いくら努力してもできなかったことが、何年かたった後に再度挑戦してみたら、簡単にできた。特にそれをずっと練習していたわけでもないのに・・・。これは、他の様々な分野での勉強によって新しい神経ネットワークが作られ、それが、全く関係のない分野において、「バイパス」として機能しているからなのです。一見むだだと思われる勉強が、意外なところで役にたつのです。

2009/2/15 update
知識の森
タイトル
たき△れんたろうの森

New