→制作者の意向により、かるたを紹介しています。

★かるた紹介
2012/2/1 update
New
大阪蛍池かるた
現在のリスト数 2321
 → かるたについての記事や、かるたの内容など
     を紹介しているサイトへのリンクです。
   (リンク先は、変更・削除されていることもあります。
    ご容赦ください。)


★リンク更新(新規・再リンク含む)
2017/6/7 update
New
群馬)前橋商店街かるた
山梨)昭和町ふるさとかるた
愛知)三ツ川カルタ
山口)光市探訪かるた
沖縄)宮古島キッズかるた


2017/5/7 update
New
北海道)羅臼かるた

2017/4/26 update
New
大阪)高石かるた
高知)すくも郷土かるた
長崎)長崎いろは歌留多

★リスト更新
2017/6/7 update
New
(岩手)山口のお宝かるた <宮古市>
(群馬)前橋商店街かるた
(東京)高尾山いろは俳句かるた <八王子市>
(神奈川)尻手銀座商店街かるた <横浜市鶴見区>
(山梨)昭和町ふるさとかるた
(岐阜)笠松ふるさとかるた
(愛知)三ツ川カルタ <名古屋市西区>
(大阪)南市岡地域カルタ <港区>
(広島)比治山カルタ2014 <広島市>
(山口)船木かるた <宇部市>、
     光市探訪かるた(室積・光井・浅江・島田・大和)
(沖縄)宮古島キッズかるた

2017/5/7 update
New
(北海道)羅臼かるた
(山形)天童いろはかるた
(新潟)下小国ふるさとかるた <長岡市>


2017/4/26 update
New
(大阪)高石かるた
(高知)すくも郷土かるた
(長崎)長崎いろは歌留多


<<< 当館で情報収集した、全国の郷土かるたの一覧です。 >>>
資料室

上毛かるた
郷土かるたの元祖「上毛かるた」
(since2004/9/28〜)
人目の入館者です
あなたは

メール
当サイトは、リンクフリーです。
(個人で運営しており、公的なものではありません。)
都道府県別リスト数
年代別リスト数
リンク用バナー
リンク・バナー
あなたの故郷にも、郷土かるたがあるかも・・・。

yamaguchi-ken
hiroshima-ken
okayama-ken
shimane-ken
tottori-ken
aichi-ken
shizuoka-ken
nagano-ken
yamanashi-ken
gifu-ken
fukui-ken
ishikawa-ken
toyama-ken
niigata-ken
kouchi-ken
ehime-ken
tokushima-ken
kagawa-ken
hyogo-ken
osaka-fu
nara-ken
kyoto-fu
wakayama-ken
mie-ken
shiga-ken
fukushima-ken
yamagata-ken
miyagi-ken
akita-ken
iwate-ken
aomori-ken
kumamoto-ken
oita-ken
kagoshima-ken
miyazaki-ken
nagasaki-ken
saga-ken
fukuoka-ken
kanagawa-ken
tokyo-to
saitama-ken
chiba-ken
ibaraki-ken
tochigi-ken
gunma-ken
multi-area
okinawa-ken
hokkai-do
上毛かるた「つ」
上毛かるた「つ」
(作者のHP本館)
たき△れんたろうの森
(館長の独り言)..
たそがれマイブログ
上毛かるた 生誕70年
郷土かるた関連リンク
NPO日本郷土かるた協会 郷土かるたの研究をされている、群馬大学の山口幸男 教授、
原口美貴子 講師らによる運営サイトです。
奥野かるた店 東京・神田神保町にあり、かるたやトランプなどの室内ゲーム
を販売しています。
三池カルタ・歴史資料館
<カルタックス大牟田>
日本のかるた発祥の地・福岡県大牟田市にある、かるた専門
の博物館・三池カルタ記念館と、歴史資料館の統合施設です。
日本の古本屋 古書のネット販売サイトです。
昔なつかしいかるたなどもあります。
「都道府県市区町村」 市町村合併など、全国各地域に関する様々な情報を紹介して
います。
日本図書館協会 「図書館リンク」で、全国の図書館の蔵書検索ができます。
蛍池・遊びのプロジェクト 遊びを通して地元に貢献する活動をしている、大阪豊中市のグループです。『蛍池かるた』の作成も行いました。

購入方法
最小33組〜最大100組
郷土かるた収集データ
かるたの入手先
かるたの枚数
購入価格
旧仮名などの札

◆ ◆ ◆  郷土かるたの遊び方  ◆ ◆ ◆
郷土かるたには、『上毛かるた』を参考にして作られたものが多く、その遊び方もほぼ同じです。
ここで、その一般的な競技方法を紹介します。

@絵札を並べる。(札の半分ずつを、それぞれの対戦者に向けて2〜3列に並べる。)

A並べ終わったら、5分間で札の位置を覚える。

B読み手が「空札」を2回読む。
 (『上毛かるた』の場合は「つる舞う形の群馬県」が空札となる。)

C空札の次に読む札から、競技が始まる。札の読みは2回ずつ行う。


☆役札・・・取り札一枚ごとの得点の他に、特定の札について、高得点が得られる「役札」がある。
☆お手つき・・・自分が今までに取った札の中から一枚を相手に譲る。

◇◆◇ 未来に伝える私たちのふるさと ◇◆◇
郷土かるた館
Internet Museum of Local-karuta
〜全国郷土かるた資料館〜


 気ままなPhoto Gallery
◆ 私のふるさと群馬県には古くから『上毛かるた』というものがあり、県民なら誰でも一度は子どもの頃にかるたを覚えて遊んだものでした。このかるたは、遊びを通じて郷土の歴史や文化を学ぶのには最適な素材となっています。
 ここ数年は市町村合併により、古くから親しんできた地域の名前が消えつつあり、ふるさとの姿を短い文章に凝縮した「郷土かるた」は、後世に伝える貴重な資料になってゆくと思います。
◆趣味のHPを作成するにあたり、雑学のページ<知識の森>で上毛かるたを紹介しようと思い、他の都道府県はどうなのかと調べてみたところ、数多くの郷土かるたが存在することが判り、独立したページにしてみました。今では、宝探し感覚のマイ・ブームとなっています。
 今後さらに発掘しながら、かるたを紹介しているHPとのリンクや、現物の収集もやっていきたいと思っています。なお、当サイトは個人的趣味でやってますので、多少不正確な部分もあるかもしれませんが、そのときはご一報下さると助かります。
 ちなみに、当サイトでの「郷土かるた」の認定は、あくまでも私個人の独断によるものですので、悪しからず・・・。(地域に関係あるもの、その地域らしさが表わされているもの、あるいは、オリジナリティーのあるもの、など。)また、リストに記載しているものには、カードの形態になっていないものも含まれます。
2017/3/20 update
かるたコレクション
〜東北編〜
かるたコレクション
〜中九州編〜
(現在 465種)
マイ・コレクション
収蔵庫